narico555のブログ

乙女ゲームの感想や声優さん、アニメなどの話題が中心です。

時計仕掛けのアポカリプス 5.ユナカ・ギースベルト&総括

f:id:narico555:20210719105607j:plaincv:野上翔

ヒロインが世話になっている

パン屋の息子で幼馴染。

 

攻略制限で最後に指定されているのもあり、

背景的にはちょっと複雑なルートでした。

この前のジルのルートで、箱によるループの

壮大さ、みたいなものが見えてきて、

その時のルチアが辿った中での、最後の世界、

ってポジションでした。

大団円的であったと思います。

そして、これまで、どの攻略さんとの

エンドでも、街を救えなかった事が、

ここでやっと、彼も街も自分も救えた、

本当の意味でのハッピーエンドだったので、

結局、ルチアの大本命はユナカって事なんでしょうね。

 

ユナカ自身は、最初の印象を覆されて

とても良かったです。

めちゃくちゃ可愛いです。男の子らしい可愛さ。

彼の辿ってきた数々の道と、諦めない心、

そして折れそうになった心、いつでも

ルチアの事が大好きで、その想いの強さと

一途さが、ストレートに胸に響いてきました。

ハピエンと後日談も、彼らしくて良かったです。

 

 

------ 総括 ------

 

時間のループを繰り返しながら、望む未来を手に入れる。

コンセプトとしては面白かったと思います。

ただ、箱の概念とか、色々と複雑過ぎて

ちょっと分かりにくかったです。

ただ単純に、選んだ相手によって未来が変わる、って

設定で繰り返されていくのでは無かった、

まだまだ奥に隠されたカラクリがあって、

ジルとユナカまで来て、その辺の全容が分かるんだけど、

凝り過ぎてて少々疲れました(;^_^A

 

ゲームのシステムとしては良かったです。

選択肢ジャンプは無いですが、フローチャート形式なので

攻略的には分かり易かったです。

けれど、エンディングに関係しないチャート回収が

割とあって、全部開けるのが、自分的には

少々面倒ではありました。

 

それと、お話が非常に長い。

選択肢が話の長さからみれば少ないので、

読み状態が非常に長く、まとまった時間が無いと

複雑な話の内容が頭に入ってきにくいと言うか。

でも、ずっと読んでると疲れる..........。

睡魔との葛藤が一番印象深いかも.....、情けないけど(-_-;)

 

あとですね。絵がね。

好みが分かれる所だとは思いますが、

イマイチでした。ぱっと見、第一印象は

綺麗で可愛い絵で好みかも、って買う前は思ってました。

実際にゲームを始めてみると、立ち絵もスチルもイマイチ。。

あと驚いた事に背景の絵も、一見綺麗に見えたけど、

見ている内に違和感があって、よくよく見ると

変でした。パースとかもおかしいし、

建物の基礎部分とかが無くて、直接地面から

生えているような描写にはビックリでした。

まぁ、でも、一番気になるのは人物ですよね。

それもあって、萌え感が上がらなかった気がします。

 

キャラは、それぞれ個性的な魅力があって

良かったと思います。

顔がイマイチだけど、中身は最高では?と

思ったのがルデル。この人、ほんと良く出来てるよね。

それだけに、顔がなぁ~、残念で。

そういう点はリアンにも言えました。

ここはほんと個人的な好みなんだと思うんですが、

リアン、大人でステキな人って思うのに、

基本的な顔はともかく、表情がイマイチで。

ビジュアル的には、クアトとユナカは良い方でした。

ジルは微妙ですかね。

ジルの存在は、非常に分かりにくくて、

彼自身の背景を知ると切なくて愛しくなるけど、

それでも、切なさはあっても何故か萌えれなかった。。。

全てのエンド終了後に、ユナカルートから

派生して、ジルエンドの真相てきなルートが

出てきて、そこでの選択は切な過ぎですね。

ここでのバッドエンドがユナカでのハピエンに

繋がるのも切ない。

 

それにしても、全員やったからこその

真実の解明とは言え、他キャラさんとの

未来が、なんか悲しい感じがして、自分的には

スッキリできませんでしたね。

それと、結局、街の指導者たちが、

どうしてギムレーから出ない事に固執してるのか、

分からずじまいだったのも、ちょっと残念。

 

全体的にはよく考えられた構成とシナリオで

面白くはあったものの、萌え感はイマイチ、

スッキリ度もイマイチで、長くて疲れたのもあり、

自分の中では評価は高くなりませんでした。。。

 

純粋にキャラ達との恋愛を楽しみたいって人には

向かないですね。甘いシーンはあるものの、

サスペンスの謎解き色が強いです。

また時間を何度もループするので、そういう

お話が好きでない方にも不向きでしょう。

好きな方には、やり手があると思います。

サラッとすぐに終わる内容ではないので、

じっくりやりたい人には良いかと思います。

 

オマケの後日談は、拍子抜けですねー。

短い上に、実りある内容で無かった。

エンド直後の、エンドの流れの続きって感じで、

後日談と言うには、時間の経過があまり無く。

また、全部終わるとCGのおまけが1枚出ますが、

その内容も、はぁ? でした。

 

f:id:narico555:20210719113026p:plain

https://www.otomate.jp/apocalypse/

 

時計仕掛けのアポカリプス 4.ジル・ハニッシュ

f:id:narico555:20210717105144j:plaincv:小野賢章

自由奔放で素直な少年。

 

時々絡んでくるものの、他ルートでは

あまり出番が無い、不思議な印象のキャラ。

攻略制限が掛かっているので、

そこからして、話の核になるような

内容なんだろうな、とある程度予想できちゃいますね。

 

ここでは、時間を遡って望む未来を掴む為の

箱のカラクリにまつわる話が中心でした。

ジル自身は、どういう訳か最初からヒロインに

懐いていて、ベタベタしてくるし、

最初は可愛いペットのような感じだったのが、

段々と恋愛色を出してくる、割と甘ったるい

雰囲気の強い相手でしたね。

ただ、内容的には深刻さを増してました。

 

そして、なんか、カラクリが非常に複雑で

バカな自分には分かりにくくて、???でした。

それに、とっても長かった。

エンディングも、どうにも納得いかないと言うか、

ええ?それで終わり?って思うものばかり。

どうにもスッキリしないルートだったと思います。

 

キャラに関しては、好みが分かれる所かな。

ジル自身に魅力が無いわけではないのですが、

自分的には、萌えは全く無かったです。

そして、ヒロインの変わり身と言うか、

変化に対しても、あまり共感できず。。。

物語冒頭のくだりの件で、なる程納得、では

あったんだけど、過去の自分への思いには

引きましたね。後悔するのは分かるけど、

そもそもの、今の自分の状況も、彼女自身が

招いたもので、根本的に軽率キャラだからだよね。

 

この後のユナカが終わると、真相ルートが

解放されるらしいので、そこまで行かないと

理解しきれないように作ってあるのか、

それとも、全部見ても理解できないのか.....。

果てさて..........。

 

時計仕掛けのアポカリプス 3.クアト・ヘルトリング

f:id:narico555:20210713123721j:plaincv:江口拓也

街の有力者である、医者の息子で

家督を継いだばかり。

口を開くと嫌味ばかりの毒舌家で、

ヒロインには特に冷たい。

 

この人は、予想以上に良かったです。

ヒロインに対しては、何か恨みでもあるの?って

思うくらい、最初から対応が冷たいし、

その背負っている背景から、かなり危険な

匂いのするキャラなんだけど、それだけに

ヒロインに惹かれ、はまっていく過程は

なかなかグッとくるものでした。

 

まぁ、最初のルートをやるだけで、この人が

背負うものは大体予想できちゃうので、

それをどう挽回していくのかな?と、

正直なところ、よくある感じの展開なんじゃ

ないのかって予想してたんだけど、これが

思ったよりも面白い展開だったんですよね。

 

ヒロインは、クアトが彼女をお花畑でフワフワ

してるって最初に評していた通りの

可愛らしいキャラなんだけど、やり直しを

繰り返していくうちに、どんどん強かに

なっていって、それに伴ってのクアトとの

やり取りが、とても良かったなって思いました。

目的を達成する為に、とるべき行動を

取捨選択していくのは、辛い事でもあるけれど、

その信念を曲げることなく貫いた先に得た

新しい未来。そういう点が良かったです。

 

あと、冷たい人だっただけに、落ちてからの

彼のセリフがかなり甘いと言うか、

瀕死の人間の心の底から求める言動って感じが

かなり胸キュンでした。

予想外に、萌えでした♡

 

ただですねぇ。。。

 

ベストエンド終了後に、後日談が開放されるんですが。

クアトの後日談は、ガッカリでした。

折角、未来に向かって頑張ろうって希望を

持って進んで行く感じで終わったのに、

それに翳りを与えて希望をくじくような印象の後日談。

不安に思うクアトを励まして終わる、結局は

本編のラストの二番煎じと言うか、これ、必要?

って思うような内容で、驚きました。

折角の後日談なんだから、幸せなシーンを見たかったですね。

 

 

時計仕掛けのアポカリプス 2.リアン・イェブラム

f:id:narico555:20210711170643j:plaincv:細谷佳正

バーでピアノを弾くピアニスト。

大体のことは自分で出来る器用人。

大人の余裕があるが、どことなく影がある。

 

2周目と言う事で、どんな風に進んで行くのか…。

やり直し人生の最初の回は、初回ルートと殆ど同じ。

途中の選択肢で、その後のルートへ分岐に

なっているようだけど、街の終焉までの過程は

ほぼ同じでした。

 

初回のルートで幼馴染2人との関わりの深さ、

絆の強さを感じていたので、そのうちの1人との

その後の展開は、わりとスンナリ受け入れられたけど、

年齢差のありそうな、そしてただの顔見知りでしかない

リアンとの、その後の展開は正直、恋愛としては

あまり楽しめなかったです。

 

リアンは大人なので、時々匂ってくる恋愛の

空気感は悪く無かったし、場面によっては

ドキドキを感じさせてくれる所もあったんですが、

何より、どうして、こんな事になってしまったのか?

の謎解きの比重が大きくて、悪い結果を阻止するべく、

どう考え、どう動けば良いのか?何よりもそれが

最優先事項として話が進んでいる為、ヒロインが

リアンに対して恋愛モードへとシフトしていく

過程が曖昧で、やり直しを繰り返すうちに

気持ちがリアンに入れ込んでいったって感じで

恋愛してる醍醐味的な流れが薄かった。

 

なので、乙女ゲームとしては、自分は面白く

感じませんでした。

リアン自身にも、大人として余裕かましているうちは

それなりの魅力も感じたものの、その後の展開での

ヘタレぶりには、ちょっとガッカリで……。

 

ここで明かされた街の秘密は、具体的には

凄かったな~と思ったけど、大筋的には想定内な印象。

初回ルートで、この街と地上での過去の事件と、

歴史の闇はとても深くて、各ルートで、違った面から

全貌を明かしていく形態になっているのが分かります。

なので、恋愛テイストなサスペンスって感じですね。

 

近年、こういうサスペンスタッチな作品が多いですね。

謎には興味を抱くものの、攻略キャラさん達に、

あまり魅力が感じられなくて、前回から、間が凄く

開いてしまいました。

 

次はクアトですが、やっぱり気乗りしません。

今回も、ほそやん、大好きで、最近ゲームでの

遭遇率が低いから、久々にワクワクしていたのですが、

ちょっと肩透かしを食らった感……(-_-;)

 

 

 

時計仕掛けのアポカリプス 1.ルデル・クロイツ

f:id:narico555:20210613203100j:plaincv:寺島惇太

 

街の相談役の次男坊。

主人公とユナカの幼馴染。

地下での生活に限界を感じていて、地上を目指している。

真面目で根が明るい気立ての良い青年。

 

 

天井に灯る『魔法の火』がこの街の原動力となっている。
主人公は街で開催される『祭典』で魔法の火から種火を受け取り
街の人に配り歩く役目を担っていた。

祭典まであと一か月となったある日、
主人公は不思議な男性と出会い一輪のバラを譲り受けた。
その晩から、主人公は不思議な夢を見るようになり―…?

これは“バッドエンド”から始まる物語。

繰り返す時間の中で、少女が手にする未来は……。

 

バッドから始まる物語って事ですが。

何度もバッドエンディングを繰り返し、その度に時間を

遡ってやり直すってパターンの進行でした。

 

ちょっと橋姫の設定に近い感じでしょうか。

生活の基盤が地下の箱庭のような所で、

過去に地上で何かあり、生き残った人たちが

地下へ避難してそこで暮らす事、約170年。

その世界は一見平和だけれど、何か裏に色々ありそうな

伏線があちこちに散りばめられていて、

謎を追うって部分では興味をそそるものではありました。

 

ただ、乙女ゲーム的にはどうなんでしょう。

自分的には、恋愛要素が薄くて、乙女ゲームとしての

楽しさワクワク感が殆ど感じられなくて、

そこが少し残念に思えました。

 

攻略人数は5人。

攻略順は制限もあるようなので、公式お勧め順に

従って、一番手はルデルでスタート。

 

街の相談役と言うより指導者って感じの家の

次男で、長男と二人、次期跡継ぎの座を

競っている立場ながら、兄弟仲が非常に良く、

兄が継ぐのが最も相応しいと本気で思い、

口にもしている、優しい優等生。

ちょっと出来が良すぎて物足りないタイプの

ような印象も。

 

ほんと、頼りがいのあるイイ人なだけに、

ある意味安心して見てられたし、物語が

恋愛色が殆ど無い感じなんで、なんか

話の成り行きをただ見てる感が最初の頃は

強かったんだけど、何度もやり直す度に

色々な事が少しずつ分かって行くのと、

何度も大事な人の死を間近に見る事で

主人公同様、気持ちが段々とゆさぶられて

いく感じがして、じわじわと、話が

進むほどに切なくなっていきました。

 

後半は、正直ちょっと泣けました。

ルデルは、絵も声も好みのタイプではないのもあり、

当初から萌え感が全く無かったんだけど、

最後はちょっとキュンとさせられましたね。

 

初回用に作られてるからか、まだまだ

謎が多いけれど、とりあえず、無難な

ベストエンンディングだったと思います。

そこはやっぱり、少々物足りなかったですが(^▽^;)

 

次回はリアンで。。。

時計仕掛けのアポカリプス 1.ルデル・クロイツ

f:id:narico555:20210613203100j:plaincv:寺島惇太

 

街の相談役の次男坊。

主人公とユナカの幼馴染。

地下での生活に限界を感じていて、地上を目指している。

真面目で根が明るい気立ての良い青年。

 

 

天井に灯る『魔法の火』がこの街の原動力となっている。
主人公は街で開催される『祭典』で魔法の火から種火を受け取り
街の人に配り歩く役目を担っていた。

祭典まであと一か月となったある日、
主人公は不思議な男性と出会い一輪のバラを譲り受けた。
その晩から、主人公は不思議な夢を見るようになり―…?

これは“バッドエンド”から始まる物語。

繰り返す時間の中で、少女が手にする未来は……。

 

バッドから始まる物語って事ですが。

何度もバッドエンディングを繰り返し、その度に時間を

遡ってやり直すってパターンの進行でした。

 

ちょっと橋姫の設定に近い感じでしょうか。

生活の基盤が地下の箱庭のような所で、

過去に地上で何かあり、生き残った人たちが

地下へ避難してそこで暮らす事、約170年。

その世界は一見平和だけれど、何か裏に色々ありそうな

伏線があちこちに散りばめられていて、

謎を追うって部分では興味をそそるものではありました。

 

ただ、乙女ゲーム的にはどうなんでしょう。

自分的には、恋愛要素が薄くて、乙女ゲームとしての

楽しさワクワク感が殆ど感じられなくて、

そこが少し残念に思えました。

 

攻略人数は5人。

攻略順は制限もあるようなので、公式お勧め順に

従って、一番手はルデルでスタート。

 

街の相談役と言うより指導者って感じの家の

次男で、長男と二人、次期跡継ぎの座を

競っている立場ながら、兄弟仲が非常に良く、

兄が継ぐのが最も相応しいと本気で思い、

口にもしている、優しい優等生。

ちょっと出来が良すぎて物足りないタイプの

ような印象も。

 

ほんと、頼りがいのあるイイ人なだけに、

ある意味安心して見てられたし、物語が

恋愛色が殆ど無い感じなんで、なんか

話の成り行きをただ見てる感が最初の頃は

強かったんだけど、何度もやり直す度に

色々な事が少しずつ分かって行くのと、

何度も大事な人の死を間近に見る事で

主人公同様、気持ちが段々とゆさぶられて

いく感じがして、じわじわと、話が

進むほどに切なくなっていきました。

 

後半は、正直ちょっと泣けました。

ルデルは、絵も声も好みのタイプではないのもあり、

当初から萌え感が全く無かったんだけど、

最後はちょっとキュンとさせられましたね。

 

初回用に作られてるからか、まだまだ

謎が多いけれど、とりあえず、無難な

ベストエンンディングだったと思います。

そこはやっぱり、少々物足りなかったですが(^▽^;)

 

次回はリアンで。。。

LoverPretend 5.浅木詠一郎 &総括

f:id:narico555:20210415173233p:plaincv:森川智之

著名な脚本家を父に持ち、その才能を受け継いだ

若き脚本家。 32歳。

主人公が通う大学で客員講師もしている。

 

4人全員攻略後に解放されるルートですが、

思ってたよりも、かなり短くて

非常に物足りませんでした。

自分、先生キャラ大好きなんですよ。

だから、この人が最後に来ると知って、

凄く嬉しかったんだけど、あまりの短さに

ガッカリでした。

 

他のキャラたちと、内容的に被る部分が

多いのもあって、その部分は抜いてたのも

短さの一因かもしれないけど、そこはいいんです。

同じの見せられても面白くないですしね。

だけど、合宿終った後の個別ルートが

あまりに短い。

プリテンドタイムなんて、2回しかなく、

あっという間に話が進み、この二人が

恋仲になる過程がズサンと言うか、

唐突って感じでした。

 

それまで、他ルートと同様に、好意を抱きつつも

ただの師弟って感じで進んでたんですよね。

父親の件で展開に変化が生じたけど、

僅かな期間で、何故かかなり想いが

深くなってる。

なんともシックリこないルートだったかと。

 

先生、ステキな人なんで、もっと深く、

ずっしりとした内容で展開して欲しかったです。

オマケ、なんでしょうかね?

ここまでで、父親の件って結局どうなったの?

って部分を、ここで解明したわけだけど、

結局はあっさりしてたな~。

先生との関係も、ドキドキ胸キュン度薄いし。

描きが浅くて、恋愛としての楽しみもイマイチでした。

残念です…(:_;)

 

------総 括------

 

これで全て終了。

 

ざっくりと言えば、軽い恋愛テイストな感じの

内容だったんじゃないでしょうか。

 

システムは良かったです。

プリテンドタイムは、自分的には要らないと

思うけど、それ以外の、スキップとか

攻略とかに関しては、親切でプレイし易かった。

欲を言えば、キャラ毎に音声ボリュームを

調節できるようにして欲しかったですが、

ストレス溜まる程のボリューム差は無かったので

よくがなる数馬がうるさいな~って感じる程度?(^▽^;)

 

絵も綺麗だったし、好みの絵柄なので、

そこは各キャラも綺麗で魅力的だったのは良かった。

攻略キャラ達も、それぞれに個性的で

魅力的だったと思います。

 

ただ、話の内容が、ちょっとありきたり。

恋人のふりから本物の恋へってパターンは

少女漫画では頻繁に見られる設定。

そして、恋への変化の過程も、割と簡単。

父親捜しの件も、映画関係者ってだけで、

俳優、監督、プロデューサー、と、

ビッグ人物に特定し過ぎ。

関係者なんて、それこそ相当数いるわけで、

デビューしたての新人脚本家が、

主演俳優や監督やプロデューサーと、

深い関係になる確率は低いと思うんだけど。

関係者として情報を得たいだけなら

まだ理解できるけど、父親かも…て思うのは

短絡的過ぎるよね。しかも、その疑惑を

払拭しないまま、兄妹かも…、禁断の恋に

なっちゃうかも…って、思考が飛躍し過ぎ。

その思考に入った辺りは、ちょっと引いた。

 

そして、その問題もたいして深刻にはならず、

結局、父親捜しよりも、目の前の恋の行方に

話が進んで行って終了~。

これなら、別に父親捜しなんて話に絡めなくても

全然問題ないんじゃない?むしろ邪魔な気がする、

って思いました。

 

主人公も、鈍いのかスルドイのか、理解しがたい

面が多かったし、全体的に展開が読めて、

キャラの面白さだけで成立してた気も…。

 

初回の数馬が、後半思いのほか重かったので、

他の人も、こんな感じなのかな~?って

思ったら、それほどでもなく、結局、

よくある、彼女がよいしょして全力でサポート

してくれて、男子は一人前に成長していく、

みたいな構図だったのが、自分的には

ちょっと残念に思いました。

 

キャラ推しとしては、始める前は

理玖>数馬>詠一郎>由稀人>春三

でしたが、

プレイ後は

由稀人>春三>詠一郎>数馬>理玖

 

みんな其々にステキだったとは思います。

ただ、トータル的に由稀人は良かったです。

春三は、うじうじ度がちょっと高いのが

マイナスだったけど、話が面白かった。

詠一郎は、正直、描きが少なく浅すぎて

キャラが掴みきれない面があるものの、

個人的にこういう先生キャラが大好きなんで、

こういうポジションになりました。

数馬はお互いに切磋琢磨して助け合える

いい感じの相手でお似合いと思いつつ、

ちょっと騒がしくて。

理玖は最下位になったけど、好きでは

あるんですよね。ただ、随分と振り回してくれて、

ちょっと信用し切れない感。

今後も、助けてもらうより助ける方の

比重が大きいかなって感じ、自分的には

そういう、お母さんみたいな存在になるの、

好きじゃないので(;^_^A

 

手軽に遊ぶには、ちょうどいい感じの

ボリュームと内容だったなと思います。

 

www.otomate.jp

LoverPretend 4.西嶋理玖

f:id:narico555:20210414182756p:plaincv:前野智昭

高い演技力を持つ二世俳優。

優しく温和で仕事に真面目だが、俳優業のオファーは

全て父親任せ。

見た目は完ぺきな優等生だが.....。

 

優等生にありがちな二面性.....、とまでは

言えないけど、親子の確執が根深くて

なかなか喰えない男と言うか、かなり

振り回された感のあるルートでしたね。

割と頻繁に、身勝手な人だな~って思った。

 

見た目と声はサイコーなんです。

自分好み。このキャラ見て、このゲームの

購買を決めたくらい。勿論、古川くんも

いたから尚更ではあったんですが。

蓋を開けてみれば、ちょっと期待ほどでは

なかったかな~。

 

他に望む道があるって所は、数馬以外

共通してるかなって思います。

だけど、なんか春三と近いのかな.....って

予想があったんですけど、そこは

予想通りな感じでしたよね。

親子の確執、捻くれ度、親の言いなり.....。

特に理玖の場合、ステージママならぬ

ステージパパに反抗しつつも、

結局逆らえない。

 

最終的に自分の道を通したのが

ハッピーエンドだけど、グッドエンドとかは

よく理解できませんでした。

バッドに至っては、だからその後は?って

思う尻切れトンボ感。

バッドで死ぬパターンなら、そこで終了!

ってブチ切れるのも分かるけど、ここはねぇ.....(-_-;)

 

ただ、婚約者のふり、の中での

理玖とのシーンは、ちょっと悩殺ではありました。

すっごい、甘いセリフを甘く囁いてくるので、

まえぬさんズキュン♡ でしたよ。

これはズルイわ~(^▽^;) 

ただ、演技でしてるんでね。

こんなの演技でもさ、ドキドキして

惚れてしまうのもおかしくない。

なのに、あくまでフリだから惚れるなって

殺生やろ~~~。

 

そんな相手なので、振り回されたな~と

思うわけです。

 

あと、父親の件は、このルートは薄かった。

他のルートでは、兄妹かも!!って

主人公が悩んだりもしてたけど、ここでは

全然、そんな疑惑も抱かずに好きになってて、

はて(・・? って思いました。

 

結局、ニセ婚約者として、カレをひたすら

支える事に特化したような、時に子守か!?と

疑問に思ったりもした、不思議なルートだったな、

って印象でした。。。。

 

 

 

LoverPretend 3.真木野春三

f:id:narico555:20210413203429p:plaincv:河西健吾

帰国子女で頭脳明晰な大学3年生。

真木野監督の一人息子。

映画製作のスタッフとして、ともに働く。

 

とってもネガティブで、うじうじタイプでした。

一見クールそうに見えるけど、要はコミュ力

低すぎて他人と上手く関われないだけ。

でもその分、擦れてないと言うか純粋で

真面目で、キャラとしては面白かったです。

 

ただ、所謂オタク系ボーイなんだけど、

お決まりの世間からの偏見と、それにビクついて

自身を偽るところは、ちょっと好きじゃなかったかな。

アニメ好きである事で差別するような相手の

ご機嫌取るって理解できない。

しかも、仲良くしたいと思っていない相手なのに。

親に逆らえないのも、ちょっと。

色々確執や葛藤があるのは分かったけれど、

だからと言って、そこまで卑屈?って理解できなかった。

 

アニメ関係の諸々は面白かったし、アニメイト

作品のポスターずらり、、には笑えたけれど、

オタク系の主人公のマンガやアニメでよく見てる

構図というか内容って印象で、新鮮味に欠けた感じでしたね。

 

 

LoverPretend 2.瀬名由稀人

f:id:narico555:20210411112602p:plaincv:鈴木達央

女性に大人気のファッションモデル。

女性好きのチャラ男なイメージだが、

仕事に対してはとても真面目。

グラドルに迫られている所に遭遇した

主人公を恋人と偽って逃れるが..........。

 

有名な監督の新作の為の主役オーディションで、

脚本家の弟子で手伝う事になった主人公と

知り合い、そこから距離が近くなっていく

全体のお話の流れで、よくある設定では

あるけれど、思いのほか良い感じの

作りだったなって印象でした。

 

自分の好みとしてはチャラ男はイマイチなんだけど、

この由稀人、チャラ男っぽいけど本当は真面目で

魅力的な男性でした。

初回の数馬の時に、由稀人と数馬って、

キャラがちょっと被る感じするーって思ったんだけど、

その印象はやっぱり少々感じますね。

他人に対して気さくな部分かな~。

 

数馬をより洗練させた大人が由稀人って感じした。

でもまぁ、根本的に全く違うとも思うんだけど。

数馬は一本気で、由稀人はフワフワして

ちょっと斜に構えた感じ。

後半、最後の方で由稀人の本音が改めて

よく分かるシーンがあったけど、自分のチャラい

イメージを保持する事で、本当にやりたい事を

既に諦めてしまっていたって所にフワフワ感が

出ていたのかなって。

 

そんな由稀人を目覚めさせたのが主人公だし、

彼女と彼のやり取りが結構面白くて、

このルート、飽きさせる事がなく最後まで

走って行ったかなって思いました。

 

ただ、バッドエンドはイマイチ感。

物足りない、とでも言いましょうかね。

あと、ネックがスキャンダルに特化し過ぎてる感。

そこしかないのか?

ちょっと残念な気がしました。

人気モデルとは言え、それだけぇ?って思うのは

贅沢でしょうかしら.....(゜゜)

まぁ、芸能人だからねぇ。

でもだからこそ、予想ついちゃう展開なんで

もう少し捻りが欲しかった所かな。

 

チャラ男のイメージをぶち壊した

本気の演技の部分、たっつんの演技に感動しました。

ここのシーンは泣けました。

良かったです。ほんとに。。。(:_;)