読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

黄昏時~怪談ロマンス~(PSP) 7.式部密 &総括

f:id:narico555:20170525174331p:plain cv:緑川光

 

全ての元凶とも言える存在ですね。

今回は、前作のベストエンド後からの始まりでした。

遠野や和泉はベストエンド後では無かったから、

この、大変問題のある微妙なお人は、どうなんだろう?

と思いましたが、とりあえずはベストエンド後って事で。

まぁ、真相エンド後だったら、ある意味、目も当てられないと

言うか、さぞや辛いルートとなるでしょうからね。

そうでなくて良かったと思いつつも、何も知らずに

密と恋人同士でいるってのも、知っているこちら側からすれば

ちょっと複雑な気分でした。

 

それでも、今回は順番を最後にして良かったと思います。

元々、緑川さんか鳥さんをラストに持ってきたかったですし。

プレイ順としては、今回はまずまずの選択だったかな、と。

しょっぱなの遠野のガッカリ度は残念ではありましたが。

 

それで、密ですが。

密の仄暗い情念とか執着ぶりとか、そういうのが

各ルートでも発揮されていた為、どのルートをやっても

毎回それを見せつけられるわけで。

それを見る度に、密の深い深い、静への屈折した

想いがヒシヒシと伝わってくるんですよね。

段々と哀れな気持ちになってきて、終いには

同情しちゃうっていうか。

彼のしたことを想えば、静が彼に抱く気持ちも

当然なんだけど、それでも、密は元々は死神の家系。

そして妖怪だけに、人間の価値観とは大きく違うし、

人の持つ自然な摂理や常識や感情が理解できない。

彼自身からしてみれば、良かれと思ってやってる事で。

だから、単純に憎んだり嫌悪したりするのも、

どうなのかな~って気持ちに、段々なってきちゃいました。

 

それに何より、声が緑川さんだしね。

病んでる系、ほんとすっごく合っているというか

お上手ですよね~。

今回はベストエンド後って事もあり、甘いセリフも

多くって、あの声で囁かれる甘いセリフは、もう死にそうな程

萌えキュン♡でした……(*ノωノ)

そして、静が昔の記憶をいつ取り戻すか分からない、

いつ自分の元から離れてしまうか分からない危うさに

ずっとさらされている分、些細な事で不安になって

狂気を発揮する病的な所がまた、面白かったし、

せつなくもありました。

 

病的ではあるけれど、誰よりも静を必要としているのが、

なんだかとっても愛しくなってしまいました。。。。

 

さて。

続編と言う事でサブキャラが二人昇格し、攻略キャラが

増えましたが、その分、各人の長さは短めになりましたね。

それでも、まぁまぁのボリュームだったと思います。

そして、全員の全エンドを見ると、おまけのシーン回想の所に

「もうひとつの真相」ってタイトルのショートムービーが

観れるようになっています。

これもなかなか見ごたえがあって良かったです。

前作の真相エンドに近い感じですが、このシーンの

ラストからすると、結局、憎み切れずに愛して

しまってるんだろうなぁ~って思える感じでしたね。

前作でも、そんな予感を与えてくれる感じではありましたが。

 

システム的には、前作よりも処理速度があがり、

楽になったと思います。絵も綺麗になった印象。

設定も細かく変更できるのが有難かったです。

ただ、内容的には、若干不満が残りました。

個々の感想でも書きましたが、遠野と飛浦。

遠野はベストエンド後でお願いしたかった。

飛浦は、他のルートでも邪魔してくる嫌なポジションで、

悪意の塊としか思えないキャラだっただけに、

単独攻略ルートでも、あまり基本的に変化ないキャラぶりが

攻略する意欲を無くして、この人を攻略する意味が

あまり分かりませんでした。無くてよかったのにと

思うばかりです。

 

評価としては、★★★☆☆ 3 でしょうか。

前作はプラスアルファが付きましたが、今回は無しで。

前回より良い部分はあるものの、面白さ的には

正直な所前作を下回ってるかと……。

遠野の内容が別物で、飛浦ルートが無ければ、

前作と同じくらい、とは思うのですけれど。

まぁ、期待ほどでは無かったっていうのが全体の感想ですね。

 

細かい部分でちょこちょこと工夫されてて、

そういう所は良かったんですけどね……。

 

f:id:narico555:20170525181419j:plain

 

 

 

黄昏時~怪談ロマンス~(PSP) 6.和泉霊次

f:id:narico555:20170524175846p:plain cv:鳥海浩輔

 

1学年下の妖狐。総合成績2位。

 

このルートはベストエンド後ではなく、まだ告白は

していないものの、既に互いに好きになっている状態からでした。

 

正直な所、ベストエンド後にして欲しかったですね。

前作のベストエンド、とても良かったと思うし、

唯一、日比谷兄弟や密に振り回されずに乙女ゲームらしい

萌えキュンで楽しめた相手だっただけにね。。。。

 

お互いに捻くれてて天邪鬼なせいか、軽口の応酬ながらも、

素直でないのは口だけなので、なんか可愛らしくて

微笑ましくもありましたが、じれったくもありました。

それと、今回はどのルートでも密が絡んでくる、

お決り的な内容があるのですが、その絡み方が

このルートだけは違ってました。

まさか、な内容で少々驚きました。

そして、和泉の反応も……。

そのあたりの展開は、ちょっとイラついたし、

ムカつきもしたのですが、やっぱり和泉は概ね良いです。

彼のキャラがなんとも憎めないと言うか、

やっぱり可愛いんですよねぇ~。負けず嫌いの所とか。

鳥さんで良かった~~って、つくづく思います(∀`*ゞ)エヘヘ

 

エンドに関しては、少々物足りなく思いました。

やっぱり、前作のベストが一番好きかな~。

 

 

黄昏時~怪談ロマンス~(PSP) 5.日比谷京極

f:id:narico555:20170523214228p:plain cv:遊佐浩二

 

弟の次は兄にしてみました。

真面目過ぎる風紀委員長とのベストエンド後……。

 

真面目過ぎるだけに、恋にも一直線で

極端さを感じさせてくれる人でしたが、

始まってみると、恋人同士であることを

周囲には隠し通そうとしていて、

校内では近づくな、とか、なんかとっても

つれなくて、物足りないったらなかったです(ノд-。)クスン

 

なんでそこまで、ひた隠しにするのだろう?と思うばかり。

周囲は静に想いを寄せてる連中ばかりだと言うのに、

そんな呑気で良いのぉ??って感じでしたね。

実際、ちょっかい出されてたし……。

 

それと、ここでもブラコンぶりを発揮してました。

ただ思うほど、執着はしてなくてホッとしました。

結局、周囲に隠すのには彼なりの理由があり、

思いやりから、だったわけですが、

矢張り、横から攫われる危険性の方が高いと悟って

皆に公表するとなってからは、まぁ極端に豹変。

ある意味ちょっと病的?ww

元々風紀委員長としても、強引な取り締まりや

説教など、突き進むタイプだけに、その本領を

静との関係においても発揮してきて、その凄さに

笑えました(^^)

だけど、後半も後半、ほんとエンディング間際に

なって、やっとだったので、焦れました。

まぁ、濃すぎるから、それが長くても逆に

疲れそうですけどね(;^_^A

 

じれったくはありましたが、比較的平和で

面白く楽しめたルートだったと思います。

萌えキュン度は、低めだったかな~。

お笑い色が強かったような印象でした。

 

 

 

 

黄昏時~怪談ロマンス~(PSP) 4.日比谷巳継

f:id:narico555:20170523160400p:plain cv:日野聡

 

風紀委員長・日比谷京極の弟で人間。

前作ではサブキャラでしたが、霊感が強い為に

妖怪が見え、密によって妖怪界へ引き込まれそうになったのを

阻止したいきさつが……。

 

放任主義の両親の元で兄弟力を合わせて生きてきたからか、

兄も弟も共にブラコン。

密の魔手から巳継を守り、巳継も無事に大学生に。

けれど、その後の巳継の事が気になって

心配でたまらない兄の京極のたっての頼みで

静は巳継の様子を見に行くのですが、しっかり見つかってしまい、

図らずも、彼と関わる事に……。

 

今回、攻略キャラに昇格して、どういう話になるのか

興味深かったし、やってみると面白かったです。

なんせ、妖怪になるのをわざわざ阻止したのですから、

それなのに妖怪である静と人間である巳継を、どういう風に

持ってくのか?まさか、こういう風になるとは!と、

楽しい展開でした。

このルートは他のキャラ達と違って、エンドの数が多かったです。

で、自分的にはどのエンドでも良かったのかな、って

思うのですが、悲恋系が最も納得できたかな、と感じました。

やっぱり、妖と人間ですからね。

身を引くのが一番かな~って。可哀そうですけどね。

そもそも、姿を消して見守るべきだったって思うし。

そこはまぁ、そうしちゃったらお話にはならないでしょうから

仕方ないですが。

 

巳継のキャラとしては、少々インパクトに欠ける印象。

京極の弟だけに、ビジュアもちょっと似てるし、

真面目な所も似てるけど、京極ほど強烈さがなく、

全体的に大人しくした感じで地味ですね。

それでも、なんかドキドキさせてくれる部分はあって、

お話の内容も良かったし、グッとくるルートだったかと。

髪の毛がちょっとボサついた感じなのが、自分的にはマイナス~ww

あと、このルートに付随して、和歌子との友情エンドが

ありましたが、なんとも感想の述べようもない、

あってもなくてもいいような内容でしたね。。。。

 

 

 

黄昏時~怪談ロマンス~(PSP) 3.飛浦萌葱

f:id:narico555:20170522221411p:plain cv:吉野裕行

 

1学年上の、天狗の妖。前作ではサブキャラでしたが、

どのルートでも執拗に絡んできて、バッドエンドへ

誘うポジションにいらっしゃいましたね。

今回は攻略キャラに昇格しましたが、この人ったら

とっても性格が悪くって、超意地悪。

でもって、上の絵は綺麗系だけど、立ち絵は

いけ好かないキャラそのものな顔付きな上、

吉野さんの声がすっごく厭味キャラな声音と声調で、

好きになれないキャラだったんですよね。

(よっクンの他キャラは好きキャラ多いのに、これは……(-_-;))

そんなキャラでも、攻略となれば、少しはマシになるのかと

思いきや、そんな事はなく、正直、すっごくムカついて、

イラついて、不愉快極まりないキャラぶりでした。

最初の方はまだ、その性悪ぶりも面白くはあったのですが、

段々とエスカレートしてゆき、主人公の静は静で、

嫌がりながらも、しっかり抵抗できずに流されて、

相手の言うがままな結果になってしまってる所が

受け入れがたかったです。

これで最終的に「好き」とかって気持ちになるのが

全く理解できませんでした。

 

そもそも、前作でも思ったのですが、成績が全校で3位で、

中でも妖術は飛びぬけて高くて学校で1位で、喧嘩に強いって

話でありながら、この人、本当に成績良いの?強いの?って

疑問に思う事が多々。

静より下の筈の遠野との喧嘩では勝ってる所、見たことない。

相手に拳を避けられても、静は当てられてたりするし、

密とか、飛浦に襲われて、抵抗できずにいるしで、

全然、強いって感じません。

それに、頭だって良いとも思えない。

男子たちは静の攻撃に楽々で避けてる感じなのに。

このルートも、飛浦に簡単に掴まる所からして、鈍いって思うし、

そもそも、すぐに結界張れば済むことでは?って思うばかり。。。

なので、飛浦に逆らえずに、飛浦の思うがままにされてるのが、

すっごく苛々して、嫌でした。

飛浦、あまりに性格悪いからね……。

 

結局、飛浦の目的とか本心とか、内面が殆ど分からずに

終わってしまったので、なんだかな~~~と納得がいかない

ルートだったと思います。

 

 

黄昏時~怪談ロマンス~(PSP) 2.由良城閨悟

f:id:narico555:20170522101213p:plain cv:浪川大輔

 

このルートは、ベストエンド後からのスタートでした。

 

なので、すっごく暑っ苦しかったですねー(*^^*)

 

元々、静が大好きで、本人は無意識なまま

気持ちがだだ洩れ状態だった由良城ですが、

両想いになってからは、もう、気持ちを言葉にしまくり。

恥ずかしくなる程、「大好き」連呼。

人懐っこいのは、彼の家族も同様で、

その為、同居までしてしまった前作のベストエンド。

もう、既に新婚さんのような状況だったから、

こっちでは結婚まで行くのかな~?なんて

予想したりもしてましたが、それは無かったですね。

ただひたすらに、甘い!

とは言っても、ラブ度200%以上!って感じの

由良城に対して、もともと冷めてるタイプの静なので、

嬉しい反面、恥ずかしくて困っちゃう気持ちは

理解できますね。

なんせ、二人きりの時なら大歓迎ですが、

所構わず、どこでもかしこでも、周囲に誰がいようがお構いなし。

特に嫉妬深さに関しては尋常じゃないし、

段々とエスカレートしていく様は、凄かったです。

まぁ、ゲームだから笑えるけど、リアルなら

本当に怖いです、このタイプは……(;^_^A

 

その、由良城の心持の変化が如実に声に現れてて、

笑っているからこそ怖いっての、まさに、でしたね。

浪クン、サイコーでした。♪

なんか、基本的には大人しいのに、怒らせると

異常に怖い感じで。

誰かが静かにちょっかい出してくる度に切れる由良城……。

そして、可愛いくて純粋無垢なようでありながら、

結局は思う通りにしてしまっている所とか、

案外、侮れないタイプなのも面白かったです。

どんだけ変化してくんだ、ってちょっと期待もしたりして、

このルート、由良城のキャラ変ぶりが面白かったと思います。

なんか、好きだわ~、由良城~♡

 

 

 

黄昏時~怪談ロマンス~(PSP) 1.遠野篤郎

f:id:narico555:20170521180152p:plain cv:諏訪部順一

 

『逢魔時~怪談ロマンス~』の続編です。

前回のお話の続きで、恋人同士になった後、

もしくは、その寸前後、との事となってるようですが。

 

この遠野の場合は、グッドエンド後、と

最初の選択時に主人公が説明していました。。。。

最初に、誰かを選択できるようになっているのは良いな、

と思ったものの、遠野を選択した筈なのに、

一向にその遠野が出てきません……↷

これには正直ガッカリでした。

このルート、結局のところ、はっきり言って

面白くありませんでした。退屈と言っても過言じゃない。

 

大体、前のゲームでも、喧嘩ばかりでなかなか結ばれず

フラストレーション溜まりまくりだったのに、

このゲームで、ベストエンド後じゃないって事自体が、

もはや興ざめで……。

遠野から告白されて、憎からず思いつつも受け入れられず、

な状況で終わったグッドエンドの続き。

そこから、少しずつ進展するならまだしも、

なかなか本人が出てこない上、出てきて後も、

前回同様、と言うか、更に上回る喧嘩状態。

とにかく、喧嘩してばっかり。しかも暴力的。

ベストエンドの時には、好きな女は殴れない……みたいな

遠野だったのに、ここでは、ガスガス殴ってきます。

勿論、静もやり返すわけですが、格闘家同士のカップルでも、

ここまでやるのかな。

そうだとしても、なんか自分には合いませんでした。

二人して喧嘩が強いのは良いです。強い女子、好きです。

でも、好き同士で殴り合うのは頂けない。

二人して外の敵と力を合わせて戦うのなら

大歓迎なんですけどね

トーリーも前回同様、無いに等しく、

単発エピソードがポコポコ挿入されているだけで、

え?それで終わり?その後は?と思うような

次場面への展開もあったりして、相変わらず

世界観は良いけれど、話の内容が……って状況で、

カップルとなる筈の男女が殴り合ってばっかりってのはね。

やっぱり、いただけません。

ほんと、遠野@諏訪部さんが好きなだけに、

悲し過ぎました。

 

箱書きには、前作より糖度上がってる的な事が

書かれているから、少しは期待したのに……。

あと、友達である、ろくろ首の梨畑和歌子が、

以前にも増してベタベタと迫ってくるシーンが

多くって、ウザかったです。

他のルート分岐で友情エンドとかがあるようですが、

自分としては要らないです。

女同士、本当に友人として仲良いのは好きだけど、

レズっぽいのは勘弁して欲しいです。

この、和歌子絡み、結構多く、また他のキャラの

絡みも多くって、その分、遠野がなかなか出てこず、

出てきても登場が少なめだな~と感じたし、

また内容が喧嘩ばっかりじゃ、面白く感じられないですよね~。

エンディングも結局、なんか物足りなかったし。

演者が諏訪部さんじゃなかったら、全くもって

興味持てなかったと思います。

 

前作同様、残念で悲しいルートでした(ノД`)・゜・。

 

逢魔時~怪談ロマンス~(PSP) 6.真相エンド&総括

f:id:narico555:20170520112131j:plain

 

真相エンドは、密と京極の二人に用意されていました。

 

ただ、どちらのルートも其々のベストエンドと選択肢がほぼ同じ為、

最後の最後まで、既読スルー状態。

選択肢までのスキップができない為、それがちょっと苦痛でした。

クィンロゼのPSPのゲームは殆どが既読スルーは自動じゃなくて

Rボタンを押し続けとなる為、この辺ほんと面倒くさくって。

そして、肝心の真相エンドですが、密では静が過去の記憶を

取り戻して、過去の出来事が映画の如く再現されるわけですが、

思い出した後の彼女の行動は、まぁ仕方ないかなと思える内容でした。

ただ、なんとも微妙な関係ではありますね、密との間が。

彼のせいなだけに、これまでのようには愛し合えないのは当然ですが。

 

そして、京極の真相エンドは、ちょっと意外でした。

で、これってバッドエンドっぽくないかぁ?と少し涙......。

京極に真実を伝えないまま、勝手な決断とそれを実行に移すのは

賛同できませんでした。どうして彼に選択の権利を与えないんでしょうね。

愚かな行動としか思えなかったです。

 

そんな両真相エンドですが、矢張りゲームの過程としても、

改めてやらせるのではなくて、各キャラのエンドの中で

攻略制限してくれた方が良かったと思います。

ほんと、ラスト以外全く同じなんですもん。

 

お勧めプレイ順としては、まずは霊次が無難かと。

次は遠野か由良城のどちらか……。

ネタバレ的には、両者同じ感じなので、お好みでしょうか。

で、次は日比谷京極でしょうね。ラストが式部密。。。

まぁ、式部を最初にやれば、ほぼ主人公の正体は

察せてしまうので、事情をある程度分かった上で

他のキャラをやるのも悪くはないですけどね。

自分的には失敗したと思っています。

 

そして、全体としては、そこそこ面白かったですが、

飛びぬけ喜べるほどでは無かったですね(;^_^A

古いゲームでもあるから仕方ないのですが、

セリフのスキップ等の反応が遅めで、

最近の快適さに慣れてしまっている分、ちょっと

イラつきました。

良かったのは、前半の共通ルートが短くて、

2週目からは、分岐点まで一挙にスキップできる所と、

途中途中も既読の所はスルーできる所ですね。

選択肢スキップが無いのは、もう仕方ないかな。

 

トーリーは有るようで無いような内容で、

世界観と個別のキャラ萌え的だったと思います。

盛り上がりに欠ける為、好きな声優さんが

多いとかではないと、退屈に感じるかもしれません。

自分的には、好きな声優さんオンパレードだったのと、

クィンロゼのゲームは好みが多い事から

購入してしまいました。

そこそこ楽しめたので、後悔はありませんし、

続編の黄昏時~もツインパックでお安く購入したので、

この後、そちらをプレイしようと思います。

 

評価としては、★★★☆☆ 3つ、と、+αってところですね。

発売当初で評価すると、プラスアルファかな、と思います。

なんせ、5年前ですもんねぇ……。

 

 

 

 

 

逢魔時~怪談ロマンス~(PSP) 5.日比谷京極

 

■日比谷京極(ひびや・きょうごく) cv:遊佐浩二

 

一学年先輩の、風紀委員長。総合成績一位で、元人間。

3年前に神隠しに遭ってから、妖に。妖力が非常に高い。

 

とても真面目でお堅くて、校内の風紀を乱す生徒を

まるで警察官のように取り締まっています。

そんな日比谷に、しょっちゅう悪戯を仕掛けては

楽しんでいる、静と密。

 

けれど、なぜか日比谷といると落ち着いて、いい気持ちに

なれる為、徐々に日比谷と共に休み時間を過ごすようになり、

日比谷は日比谷で、案外、世話焼きと言うか

面倒見が良くて、段々と親しくなって好意を抱くように……。

 

このルートは後半は式部密とお話が大分被っています。

日比谷の弟がらみの話となる為で、この辺の話に関しては

新しい内容も特になく、ストーリーよりは、日比谷と静の

二人のやり取りを楽しむ感じでしたね。

元々、起承転結的なはっきりしたストーリー展開は無く、

二人の関係が進展していく為の出来事の羅列、と言っても

良いような内容なだけに、キャラ萌えっぽい感じでした。

このルートは特に、かな。

なんせ、悪さをする静たちを、何かというと追いかけては

説教してるのが常の日比谷さんなので、結局、そんな

彼がいつのまにか静に翻弄されて、彼女の事情を

知ってからは段々と対応が甘くなり……と軟化していく

様子が面白かったです。

その変わりようを楽しむルートだったかな、と。

堅物で古風なところが、ちょっと可愛くもあり。

そして、何といっても総合一位のお方ですし、

風紀委員長でもある事から、皆からは恐れられている存在。

なだけに、頼りにもなりますし。

なんだかんだで過保護っぽいし、なかなか面白いキャラでした。

 

さて、これで一応、全員のエンドが終了。

いよいよ真相エンドへ突入です。(^^)

 

 

逢魔時~怪談ロマンス~(PSP) 4.由良城閨悟

 

■由良城閨悟(ゆらじょう・けいご) cv:浪川大輔

 

主人公のクラスメイトで保健委員。山犬の妖怪。

いつも留守にしている校医の代わりに、手当てをしている。

何故か静に好意を持っている。

 

ゲームの始まりしょっぱなから、由良城は静への好意全開です。

理由は分からないけど、多分、いや絶対に静に惚れてるだろう、と

丸わかりの態度なのに、本人だけが気づかれていないと思っている。

そんな由良城を、静は冷めた目で見て、内心では突っ込んでる。

元々が犬だからなのか、とにかく懐き度が半端なく、

大好きな主人に尻尾をフリフリしているような態度なんですよね。

なんで、それほど好きなのだろう?と思うものの、

多分、まぁ過去に何か理由があったんだろうなぁ……と予想はつきます。

主人公自身にはまるで心当たりが無いのですが。

 

そんな由良城ルート。

なかなか楽しかったですね。

静の有り余る妖力が暴走して由良城を殺しそうになるのですが、

そんな時でも、「君になら殺されてもかまわない」と

抵抗すらしない由良城。いやはや。さすがにそれはないだろう、と静じゃなくても

突っ込みたくなるほどで。

そこまで想われてるのが理解できないけれど、

それほど愛する、愛せる理由が知りたくなり、

静は由良城と付き合う事に。。。

そして、恋人同士になってからが、面白かった。

犬だからか兄弟妹が5人もいる大家族で。

その家族たちとのふれあいが仄々としたホームドラマっぽくて。

それと、由良城の2人の兄たちが、これまたカッコ良くてステキでした。

由良城家での内容はホント良かったです。

それに、おとなしくてウブなのに、やる時には案外、男っぽくて

優しいのに譲らない所とか、弱そうな印象なのに、そうでもないのが

ちょっとギャップを感じて予想外に萌えキュンしちゃいました。

そして、由良城が彼女を崇拝するようになった切っ掛けは、

大体予想通りではありましたが、その時から全身全霊で

好きになっちゃってる一途さって、凄いし、ちょっと羨ましいかも(^m^)

 

最初から、いつでも彼女の前ではデレデレしてて、

浪くんの、ちょっと高くて幼めな声とかで、

この人には興味があまり湧かなかったのですが、

やってみると、ちょっとハマっちゃいますね。

しかも、山犬になった時とか、彼女を助ける時とかは

声が低くなって男っぽくて、グッ♡ときちゃいます。

それこそ、ギャップ萌え( *^^*)

 

ちょっと殺伐感のあった遠野の後だけに、ニヤニヤしながら

楽しめました♪