narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

緋色の欠片~おもいいろの記憶~ 総括

f:id:narico555:20170818174328p:plain

http://www.otomate.jp/hiiro/vita/

 

本編の他に収録されていた、「~あの空の下で~」に後日談、

追加ショートシナリオ、ゲーム等の付録....全て終了しました。

 

1本に詰め込まれた内容としては、ボリューミーで

お得感があったと思います。

けれど、FD版の内容だけを見ると、FDとしては

非常に不満足だったように感じました。

何故かと言いますと、どれも非常に短い。

人数が多いから、全部やるとそれなりかとは思うけど、

短い内容のものが沢山あるのって、かえって疲れるばかり。

なんせ、一人目以降は金太郎アメ状態な為、殆ど既読スルー。

対象によって違う部分は凄く少なくて、殆ど最後のシーンくらいしか

見る所が無い。なので、スルーばっかで退屈でした。

 

個々の個性的なキャラに合った内容は面白くはあったけど、

コメディ色が強くて、乙女モードは激少。

戦わなくて良い平和な状況で、のほほんとした雰囲気は

良かったけど、恋人同士になったとは思えないほど、

全く進展がない状況。キスシーンなんて、殆どなく……。

雰囲気やセリフが甘かったのは、祐一先輩くらいかな。

祐一先輩は、どのお話しでもロマンティックでした。

卓さんは、大人の割に、相手がJKだから遠慮してるのか?

優しい雰囲気なだけで、糖度は思うほどなく。

遼は最初から喰いモード全開な為、セリフ的には過激でしたが、

強引そうで強引でない所が、そそりを煽ってる感じはありましたが……。

どのキャラも、それぞれの個性は魅力的だし、

話の内容も面白いんだけど、乙女ゲームとしては

足りない感じでしたね。

ただ、女子キャラ達や、敵だった面々も総登場で、

彼らの不明だった背景とかも明かされたりして、その辺は

良かったな、と思います。

本編では非常にハードでヘヴィでしたが、そんな事を

忘れさせるようなイイ味を出していて、こういう所は

FDならでは、と思いました。

 

こうして全部を終えてみると、キャラとしては

全員、甲乙つけがたい気がします。

本編では出番が少なかった遼なんかは、FDでかなり

補足された感があり、最終的には、こういう強引だけど

一途さがストレートに伝わってくるキャラって、いいなと

思うようになりました。

 

評価としては、3.8 / 5 くらいでしょうか……。

もう少し、スッキリ感のある終わり方を望みます。

ボールを投げて、着地しないままで終わりにしてる感。

本筋ではなくて、攻略キャラとのやり取りって点で。

 

あと、オサキ狐のおーちゃんが、ヒト形になったのが、

めちゃ可愛かったですねー♡

 

概ね、楽しめたゲームではありました♪

 

 

緋色の欠片~おもいいろの記憶 6.狗谷遼 &ココマデの纏め

f:id:narico555:20170815164052j:plain cv:野宮一範

 

主人公と同じ学年だが、留年してる為、ひとつ年上。

謎の人物。

 

攻略制限が掛かっているので、やれるのは最速でも3周目から。

とは言え、他の人のルートでは、全くと言って良いほど

出てきませんので、何の情報もなくやっていたら、

この人の存在自体を知らずに終わってしまう恐れもアリですね(-_-;)

 

初回から、二人一組的な内容になっているので、

予想通り、大蛇卓とほぼ同じような内容でした。

しかも、他の人たちは、ペアで内容的に重複しているとは言え、

それぞれの個別では、それなりに重厚感のある内容でしたが、

この遼に関しては、内容は薄かったように感じました。

と言うのも、とにかく登場が遅い。

卓ルートの中で、ひょっこりと突然現れて、それ以降も

卓ルートの中で、ちょこちょこ登場してくる感じ。

なので、大かたが既読早送り状態でした。

早送りできない場面でも、内容や彼以外の人間のセリフは

卓の時とほぼ同じだったので、卓が遼に変わっただけって感じの

内容だったんですよね。

勿論、遼独自の内容も当然ありましたけど、後半の、

敵と戦うシーンなどは、ほとんどが卓と同じでしたし、

終戦でも、展開は同じでした。

正直、ちょっとガッカリでした。

 

恋愛的にも、全く萌えキュンが感じられず。

とにかく出番が少ないから、心を通い合わせる暇が

無かったと思うし、そんな中で「好き」とか言われても、

「へ?」って感じです。こちらは。珠紀ちゃんは、喜んでますが。

互いの恋愛的な気持ちの盛り上がりが全然ないので

唐突感が否めませんでした。

 

結局、このルートは必要だったのか?って疑問。

出自に関する謎がらみの面も、大体予想通りで、

特に驚くほどの内容でも無かったし、卓ルートより

更に掘り下げた内容なのかと期待したけど、全然だったし、

他のルートを補足するような新事実も、出自以外は無かった気が。

最後の終章も、みんな短くて物足りなかったけど、

このルートは更に短くて、えっ???って思うほどの内容で。。。

つくづく盛り上がりに欠けたルートだったな、と思います。

 

と言うことで、一応、全員終了しました。

全体としては、面白かったと思います。

よく出来た内容だったかと。

最後の遼は存在自体が疑問。他の人たちみたいに

毎回出ては来ないから、遊ぶ側としても馴染みが無さ過ぎで。

もう少し存在を匂わすような、薄くても登場させといて欲しかったですね。

 

ボリュームもかなりあったと思います。全8章ぷらす終章で、

結構、長かったです。ただ、ペアで重複してる部分も多い為、

その辺は、鮮度が落ちて少々物足りない。

長いから既読スルーにしても長かったし。

エンドはベストエンドと悲恋エンドの2つで、他GAME OVER が

全部で35?だったかな。一人、6個くらい?ちょっと疲れました。

特に悲恋エンドへの至る道は、殆ど既読スルー状態なので、

その時間の長さと言ったら、つらかった……(_ _。)

 

目パチ、口パチがあり、口パチはセリフと合ってるのもあって、

自然な感じで良かったです。

おまけに、髪の毛は揺れてるし、肩とか胸の部分も呼吸しているが如く

動いてるんですよね。微妙な動きなので気づかない人は気づかないでしょう。

気づいてジッと見てると、なんだか気持ち悪くなるのですが、

普通にしていれば、気にはならない程度。

なんか、凝ってるな~って思いました。

デフォ呼びじゃなかったのは残念でした。

 

攻略人数が多い分、相手にする敵も変化したりして、

その辺の工夫は良かったです。

主人公は、何も知らないまま玉依姫になる事を

半ば強制され、それでも前向きで元気な所は悪く無かったですが、

本人の立ち絵が少ないので、あまりピンと来なかった。

イライラさせられる事はあまり無かったものの、

感情移入もあまりできませんでした。

と言うのも、攻略相手との恋愛面で、いつの間にか

好きになっている感じで、いつの間に、そこまで?って

思う部分が多々ありました。

玉依姫としての立場の為に戦わざるを得ない流れは

自然な感じでしたが、戦う事ばかりが前面的過ぎて、

恋愛面での心理過程が雑だったように思います。

 

なので、萌えキュンはあまりありませんでしたが、

それでも楽しめたゲームでした。

ただ、このゲーム、回を進めるほど、愛で癒されたい度が

増して行き、途中途中で恋愛系のマンガとかに

逃避する事が度々…(;^_^A

飢餓感満載な後味だった気がします。。。

 

好きなキャラは、祐一先輩くらいかなぁ。

すっごくせつなかったけど、やっぱりステキでした。

正直、浪川さん担当キャラがイチ推しになるのって

自分的にはとても珍しいです。

案外、男らしくて良かったな~と真弘先輩なんかは

思うのですが、ビジュアル・声、共に萌え度が低くって。ゴメンナサイ....。

卓さんも、最初は期待してたのに、思いのほか……だったし。

慎司はお子様っぽ過ぎるし、遼はイマイチ掴めないキャラだったし。

拓磨も、意外と分かりにくいキャラだった気が。

それと、実は中の人が、私はどうしても萌えれない方で。

とっても美声とは思うんですけどね。

紫苑先生のみ例外だけど…(;^ω^)

 

では次は、~あの空の下で~ 。……へ 。。。

 

緋色の欠片~おもいいろの記憶 5.大蛇卓

f:id:narico555:20170814204432j:plain cv:平川大輔

 

守護五家の一人。25歳。書道家

水と大地を操る能力を持っている。

 

守護五家の中で、この人だけが大人。

その為、スタッフさん、後から苦労したとのコメント……(;^ω^)

そりゃそうよね。

他の人は皆、同じ高校生で、昼休みには皆で屋上で

昼ごはんを食べたりしてる中で、一人だけ出番少ないし。

それだけに、ちょっと恋愛過程的にはピンときませんでした。

 

背が高く、大人で優しくて冷静で頭良くて頼りがいが

あるだけに、女子高生的には憧れるのも当然だけど、

卓サイドから見たら、8つも年下の女子高生の彼女に、

玉依姫と守護者以上の気持ちが、どうやったら育つのか、

よく分かりませんでした。

一生懸命で諦めない所とか、好感が持てる女の子だけど、

それだけって感じなんですよね。

おまけに途中から行動が別々になるのもあり、

気持ちを育てるどころの状況じゃなかった。

しかも、卓さんの心も考えも行動も、全然読めなくて

分かりにくかったです。

ちょっと慎司と同じような形になって、

つらかったです。

 

それに、ほんとつくづく、悪人ばっかりだな~って展開で。

孤立無援な感じ?

こんな中で、ベストエンドまで行く途中で、何度も何度も

バッドがあり、そのたびに心が痛くなるというか、

いい加減、嫌になってきちゃうほど、ハードでした。

大筋から言えば、宝具が奪われ、鬼斬丸が開放され、

最終的には封印もしくは破壊して、全てが丸く収まるって

お話しは同じなんだけど、そこまで行く過程の中での

戦いが、それぞれのルートで、それぞれにハードで、

それぞれの背景も重くのしかかってきて、

更に、ロゴスとか典薬寮とかの組織が絡んできて、

圧倒的に不利な中で、よく生き残ってるな、と

感心するほどの壮絶さ……。

さすがに回数を重ねていると、心が荒んでくる気が…(゚д゚lll;)

 

それと今回のラスボスが、自分的には気持ち悪いと言うか

胸糞悪すぎると言うか、そもそも、回を重ねるごとに

顔見ただけで吐き気がしそうな程、嫌いなキャラ……。

絶対に、コイツ悪人やろ!って思っていた通りでしたが、

どこまでいっても口調が冷静と言うか平然としてて、

それが一層、神経を逆なでる感じでした。

多分、次の遼でも、コイツなんだろうなぁ。。。

と思うと、最後の一人へいくのが気が重く…………。

 

そんな、5回目ルートの卓さん。

ビジュアル的にも、大人な所とか、平川さんだし、

期待していたにも関わらず、いまひとつ魅力が

伝わってこなかったキャラだったなぁ……、と。。。

 

緋色の欠片~おもいいろの記憶 4.狐邑祐一

f:id:narico555:20170812220930j:plain cv:浪川大輔

 

主人公の1つ先輩で守護五家の一人。

狐の半妖で、幻術と炎を操る。

無口で人と関わるの苦手。

 

全体的に悲恋色が強くて、せつなくて胸が痛かったです(:_;)

非常に繊細で、自身が半妖である事に傷ついていて、

なかなか心を開こうとしないし、距離を置こうとするのが、

ほんと痛々しかったです。

それに、祐一先輩の、守護者としての義務を果たすって

態度に遭う度に、珠紀と共に胸が痛くなって、

このルート、泣けてしまいました。

 

守護五家の人たちは、みんな半妖。

それぞれに、守護者としての宿命に囚われて

傷つき、葛藤していましたが、祐一の場合は、

他の人たちとは、ちょっと性質が違ってました。

そして、もう、殆ど最後の方まで、彼女を彼女自身として

受け入れようとしないのが、とってもつらかったです。

ここまで長く引っ張られるとは…………。

 

戦いも、とてもハードでした。

慎司とセットな為、大筋は同じだし、直接的な敵も同じだし、

アリア達との絡みも大体一緒でしたが、このルートでは、

慎司ルートよりも更にアリアとの関わりが深くなり、

物語に厚みが増したと思います。

 

見た目、クールな祐一先輩ですが、本当はとても優しくて、

そして強くて、どこまでも守ってくれる姿はステキでした。

なかなか落ちてくれないのは、残念でしたけどね(;^_^A

すっごく、泣かされたルートでした。。。(///ω///)

 

緋色の欠片~おもいいろの記憶 3.犬戒慎司

f:id:narico555:20170812144040j:plain cv:下和田ヒロキ

 

主人公の後輩で高校1年生。守護五家の一人。

わけがあって村から離れていたが、珠紀の帰省に合わせて戻ってきた。

おとなしくて、戦闘を好まない。

言霊を操る能力を持っている。

 

守護者としての犬戒家の力が無い事や、

年下で可愛らしくて頼りなげなキャラな為、

自分の好みじゃない事もあって、気乗りのしないルートでした。

初回からの様子を見てると、言霊を操りながら

それなりに戦えてはいるけれど、個別ルートとなると、

どうなのよ?一人で戦えるの?って不安が。

 

まぁ、攻略さんだから、不安ながらも一人で戦えるのでしょうけれど、

始めてみると、鬼崎&鴉取ペアよりも更に

狐邑祐一先輩とのペア色が強く、言霊を使ったサポート的な

戦い方なので、一層、先行きが不安になったと言うか……(;^_^A

 

祐一先輩とのペアぶりは、とても良かったとは思います。

力押しで、強さを誇るような拓磨や真弘よりも、

この二人は珠紀に対する態度が優しくて。

二人に守ってもらってる前半は好ましかったです。

途中から個別で慎司ルートへ入ると、ドヨ~ン感が強くなりました。

と言うのも、予想外の展開だったんですよね。

この人、とんでもない人だったんで。

おまけに、これまでのルートでも、どこかウザさが感じられた

美鶴が思い切り絡んできて、こんな、少女か?と思うような

可愛らしいキャラの慎司のルートだと言うのに、

中身はドロドロでした。。。。

 

それと、敵対勢力だったロゴスと、がっぷり四つ……、

みたいな、すごい展開でした。

とっても、重たい内容でしたね。

でも、前二人とは違った面での謎解きがあって、

お話しとしては面白かったです。

 

ただ恋愛的には、この人は最後まで、私はいまひとつ、でした。

少女のような子供っぽいビジュアルに、声も女性っぽくて。。。

キャラも、どこまでもヒロインの盾になろうとする

姿勢は買うものの、基本的な性格が薄味な感じで

惹かれるものが自分にありませんでした。

 

 

緋色の欠片~おもいいろの記憶 2.鴉取真弘

f:id:narico555:20170809125253j:plain cv:岡野浩介

 

一つ上の、先輩。玉依姫を守る守護五家の一人。

ヤタガラスで風を操る能力を持っている。

背が低いのがコンプレックス。。。

 

この人、ほんと見た目がお子様なんですよね。

資料を見ると、身長157センチとのこと。

最初に出てきた時は、小学生に間違われてるので、

正直、もっと小さいのかと思ってましたが、

途中、ヒロインと目の高さがほぼ一緒って表記を見て、

ええ?身長、同じくらいなの?って改めて驚き(・□・;)

ただ背が低いだけじゃなく、体つきも華奢な感じだし、

顔もお子様っぽい……。でも声は、オッサンぽくて

なんか違和感がありました。

まぁ、中身は高3なんだけど、すごいギャップでしたね。

なので、気乗りしないタイプの攻略さんでしたが。

 

やってみると、存外、カッコ良かったです。

拓磨と組んでヒロインを守る内容なので、セットになってる

感じの大筋。だから、既読スルーでかなり飛ばせる分、

初回よりは短めではありますが、拓磨とは違った物を

宿命として負っていて、全体としてちょっと物悲しく、

また、せつない内容だったと思います。

そして、見た目がお子様なのに、実際はとっても男らしかった。

拓磨より、萌えキュンでしたね。

まぁ、糖度は相変わらず低いのですが、俺様キャラでもあるせいか、

根拠のない自信なのに、何故か頼りがいが感じられるという、

不思議なタイプ。

自身の背負っているものは、物凄く重くて、諦観と執着の間で

揺れ動く様が、何とも惹きつけられるというか。

珠紀の懸命さも良くて、相性の良いカップルだったかと。

 

まぁそれでもね。

ビジュアル的には、やっぱりちょっと残念ですよね。

背が低いままなのは良いとして、顔つきとか、大人っぽく

成長するんでしょうかね?

悪くはない、むしろ、結構、イケてるのに、子供顔なのは

矢張り萌え度に影響しちゃいます。

気が強いからか、眉間に縦皺顔が多いのも、ちょっと怖い(;^_^A

 

それにしても、終幕最後のシーンは、拓磨と同じ感じで

あっさりでした。。。

素っ気ない感じ。

これ、他のみんなも同じなのかな。ちょっと、つまりませーん(;^ω^)

 

緋色の欠片~おもいいろの記憶 1.鬼崎拓磨

f:id:narico555:20170808162036j:plain cv:杉田智和

 

第一作発売から10年を記念しての集大成と言う事で、

FDも含めて、リメイク版としてVitaに移植。

 

と言う事で、まずは一作目の本編からプレイ。。。

 

 主人公である春日珠紀は、両親の海外転勤の為、

 祖母が住む村で暮らすことに。

 村に着くと、不思議な生き物を目にし、

 カミと呼ばれる恐ろしいモノに襲われる。

 そんな彼女を助けたのが、謎の少年・鬼崎拓磨……。

 そして、祖母から、玉依姫としての使命を聞かされ……。

 

最初は、拓磨と鴉取真弘(あとり・まひろ)の

どちらかしか選択できないよう、制限が掛かってます。

拓磨は同級生のクラスメートで、真弘は1年先輩。

玉依姫を守る守護5家のメンバー。

日本神話にある、国の成り立ち、ほどの大昔に

封印された強大で破壊力のある鬼斬丸って刀の

封印が解けて、世界が滅びようとしそうなのを

阻止しなければならない使命を負った者たちの

お話しなのですが、そんなお話しだけに、結構、

重たかったですね。

 

まずは1周目としては、面白かったです。

鬼斬丸の封印を解こうとする、ロゴスって、

西洋の不思議な人たちとの戦いが、かなり凄惨。

守護5家の人間は、玉依姫を守る事が義務で、

その為に生きている道具、的な価値観の中で、

そんな事情なんてまるで知らずにやってきた珠紀には、

理解も納得もできる筈がありません。

その辺の、双方の葛藤と心を通わせていく過程は、

胸が痛くなることもあったけれど、徐々に

色んな事が分かってきて、また絆も強まり、

乗り越えていくのは良かったです。

 

ただ、前半のうちは、守護5家のメンバー全員で

力を合わせて戦っていたのが、中盤からは、

当然かもしれないけど、拓磨と二人での戦いになって、

他のメンバーの存在感が殆ど無くなってしまった所は、

少々残念に思います。

 

それと、血の記憶的な過去の出来事にまつわる

色々な謎などは、初回って事もあるのでしょうけど、

明かされた感はあるものの、大まかな感じなので、

ちょっと薄味的な後味感でしたね。

 

あと、バッドエンディングが、多すぎ。

特に後半は、選択肢ごとにバッドが用意されていて、

なかなか先へ進めない……。

そして、バッドになると出てくるのが、「臨時相談所」。。

サブキャラ(女子)二人が出てきて、バッドの選択の

解説的な事を喋るのですが、数が多いだけに、ウザかった。。

これ、いらない。

あっても役に立たないと思う。

さっさと続きやりたいのに、時間のロス、って思いました。

バッドが少なければ、(無くてもいいのに……)とは思っても

ウザくまでは思わないかもしれないけど、最後の方なんて、

ほんともう、ウンザリでした。

また、どちらのサブキャラも、本編中でもウザくって……(-_-;)

 

全体としては、話の内容的には面白く進められました。

けれど、全員での活躍場面が少なめな所が少々物足りなく、

また、ラブ面では、糖度としては低めだったかな、と思います。

主人公と拓磨の二人は、過去からの因縁を考えると、

非常に強い結びつきなんだろうと思うのに、

実際には、そこまでは感じられなかったように思います。

グッドエンドの最後も、あっさりした感じの終わり方だったし。

 

 

無双☆スターズ その1-まずは最初....

f:id:narico555:20170807210234p:plain

https://www.gamecity.ne.jp/stars/

 

20周年記念、第一弾として今年3月に発売された、

無双シリーズの集大成として、コーエーテクモのオールスターズでの

無双ゲーム…………。

 

実は、無双シリーズ、体験版程度でしかやったことがありません。

唯一、ゼルダシリーズが好きな事から、『ゼルダ無双』だけは

やっていて、こちらは結構、ハマったんです。

ガスガスと大量になぎ倒していくのは、結構、快感です。

それで、今回のゲームですが、ネオロマの『遥か……』シリーズ

6から、有馬とダリウスが参加するって事で、すっごく

心惹かれてはいたのですが、半分以上が女性キャラだったりして、

なんとなく、そのまま……買わずにいたのですが。

 

昨日、駐車料金対策で覗いた電気屋さんで、なんと、

2千円で売ってた!!  即買いしました。

 

それで、今日、早速、出先での暇つぶしにピッタリと思い、

やってみました。

……がっっ…………

 

ちっさい………………

 

当たり前だけど。。。

 

ゼルダ無双』の時は、Wii U だったので、大画面でした。

それでも、右上に出る地図は小さめで見にくいなぁ~って

思ってたので、Vita、本当に当たり前なんだけど、

めちゃくちゃ小さくて、見にくいこと、この上ない。。。

でもって、やっぱり当たり前だろうけど、文字も小さい……。

乙女ゲームでも小さいと思うけど、VitaはPSPよりは、

まだマシ感なのですが、PSPよりも、更に小さくて、

すっごく読みにくい。こんなに読みにくいとは思わなかった。

 

f:id:narico555:20170807211554j:plain

ワールド画面。行く場所を選ぶ所ですが。

本編に入ってからの文字も小さいのに、この画面での文字は

更に小さかったりする。

LV.1 の上の上の文字なんて、読めない!

更に、右下のボタンを示す文字なんか、サッパリ!

 

このゲーム、PS4とVita で出してるので、多分、

PS4のを、そのまま縮小しただけなんだと思います。

Vita用に、文字の大きさとか修正してないんですね。

大画面用のを文字ごと縮小してるんじゃ、文字が小さく

なり過ぎちゃうのも当然かと……。

 

私が年寄りなせいもあるのかとは思いますが、

若い息子に訊いてみたら、

「さすがにこれは小さくて見にくい」

と言いました。 この人は、視力は一応、A判定で異常なしです。

 

でもまぁ、仕方ありません。

目を凝らしながら読みながら、肝心のゲームを開始。

まずは、お目当ての『遥か……』で。

ダリウス推しですが、何故か有馬しか選べず。

有馬を選ぶとダリウス付いてきた。。。

仲間になって、まずは二人で戦闘開始。

 

f:id:narico555:20170807212512p:plain

f:id:narico555:20170807212525p:plain

 チュートリアルがゲームの中で突然現れるので、

小さくて読みにくいのを読みながら、戦闘を進めましたが、

正直、訳が分かりませんでした。

分からいないけど、とにかく、やってみる。

この手のゲームの常套か?

私はいつも、そうして、やりながら学んでいってます。

攻略とかも、最初は全く見ませんし、あまり考えないのです。

もう、ワチャワチャと、ひたすら敵を倒す。

なので、タイムオーバーになってしまったり、

味方がやられてしまったりで、クリアできなくなる事もシバシバ……。

 

今回、異世界に英雄たちが召喚されて、異世界の為に

戦うのですが。

協力を頼んできた人が、コチラ……。

f:id:narico555:20170807213047p:plain 志貴@興津和幸

前王の長子って事で、ちょっとクールなお方。

うううっ……興津さん、嬉しいです♡

事あるごとに登場してくるので、セリフも多く、

いいですね♪

因みに、ここの世界は、ウサギさんのような耳を持つ

種族の方々の世界。。。彼ら曰く、彼らが「人間」と

呼ぶ生き物だそうで、獣では無いと主張されてます。

 

という訳で、まずは、LV5まで、あげましたが、

もう少し本編を進めない場所をやる予定。

まだ、よく分かってないし……(;^_^A

それにしても、面白いのだけれど、画面が小さいが為、

地図が見にくくて、変わった地形では、

目的の場所へのルートが辿りにくいです。

やってると、サブミッションとか出てくるけれど、

文字が小さすぎて、よく分からない。

読み切る前に、消えちゃう~~(;'∀')

なので、モタモタしちゃって、ミッション失敗を

繰り返すこと度々……。

 

でもって、すっごく、目が疲れます…(@▽@;)

 

 

ふるえ、ゆらゆらと 下弦の章

f:id:narico555:20170803153023p:plain 

http://asring.1000.tv/huruyura/

 

『上弦の章』のつづき……。

 

始まりは『上弦……』と同じで最初からだったので、

ちょっと面倒くさかったですね。

時間が少し経っているとは言っても、
PC上に『上……』がインストしてある場合は、
序章はスキップできるとか、してくれれば良いのに……

と、思いました。案外、長いなと思っただけに。

 

まずは、ざっくりした感想を述べますと、『下弦……』の

3人は、『上……』の3人よりも、短めだな、と感じました。

『上……』で目立っていた、誤字脱字などは、今回は

見られず。 また、前回、全体的に冗長だなと強く感じたのが、

今回は、あまり感じられなかった、、と言う点からすると、

少しスッキリした分、短めになったのかな?と

思わなくもないかな。。。

とは言え。

やっぱり、ちょっと期待外れな結果に終わったな~と思います。

 

個別に内容の感想を。(プレイ順)

 

f:id:narico555:20170803153729j:plain 藤原保輔 /cv:深川緑

藤原保昌の弟で、貴族でありながら盗賊をやっている。
 
まず、トータルな長さが短かかった。
「上」では、満月の日に帰れる状況に全くなくて
次の満月まで延期したので、約2か月だったのに、
ここでは、最初の満月までだったので、期間が半分……。
それもあってか、全体の所要時間も少なかった。
「上」では、盗賊として散々な保輔だっただけに、
本人ルートでは、どう描かれるのかと思っていたけど、
予想ほど酷く無かったと言うか。
いや、酷いヤツではあるのだけれど、ブラコンぶりが
一層目立つと言うか、何かにつけて兄の為。
中宮に金で雇われてるとは言え、言いなり状態で、
そうせざるを得ない理由は、兄の為……。
とにかく、彼の行動の全ては兄の為。
と言っても、兄に命令されたり頼まれたりしている訳じゃない。
結果的に兄に迷惑をかける事となって、身を滅ぼすのだけど、
中宮の言いなりになっていた事情ってのが、
なんかショボかった。
「上」で兄の保昌をやっていれば、ここの兄弟の
お家事情が分かっているわけだけれど、それにしても、
説得力が薄い気がしてならなかった。
そしてヒロイン……。
相変わらずの不幸体質。もうこれは基本設定だから
仕方ないけれど、この女性は、反面教師タイプかもね。
自ら破滅していく典型的なタイプだと思う。
晴明からだけでなく、保輔や土蜘蛛の人間からも
莫迦」「莫迦」言われっぱなし。
こっちも見てて「莫迦だ」と限りない程、思いました。
特に、このルートでの莫迦っぷりは半端ないと思う。
人と関わるのがものすごーーく苦手な筈なのに、
幾ら変わりたい願望があるにせよ、いきなり変わり過ぎ。
驚くほどの、向こう見ずっぷりの、おせっかいぶりには
ほとほと呆れるばかりでした。
なので、全く共感できず、イライラして、
好感を持てないどころか、正直、嫌悪するくらい……。
「上」の時から、ほんと、イヤなヒロインでしたが、
ここに来て、一層、増しました。
なんなんでしょ。
このゲームの狙いって何?
保輔自身は、強がってるだたのヘタレ男で、
魅力は全く感じられませんでした。
性描写も陳腐でした。
 

f:id:narico555:20170803154238j:plain 早浪 /cv:あさぎ夕

東宮で、かぐやを狙っている中宮の息子。

保輔よりは長めでしたね。
エンディングも、保輔は3つに対し、早浪は4つでした。
自分的には、どのエンディングも好きじゃないです。
3つはバッドなので、それが嫌なのは「上」の時と
同じですが、唯一のベストと言えるエンディングも、
なんかイマイチで納得のいくものでは無かったですね。
「上」を既にやっている事を前提として語りますが、
「上」をやっていれば、必然的に、この人とは
異母兄妹である事が分かります。
時代は平安時代ですから、同母でなければ
一応アリなカップリング。。。。
それでも、さすがに古代よりは好まれる関係でも
ありませんでしたけども。
こんなの、通い婚で多妻が当たり前の貴族の中だけの
話のようなものですが。
でもまぁ、ゲームなので、そのくらいは別に
いいでしょ、アリでしょと思ってました。
ところが、ヒロインのかぐやは、そうじゃなかった。
まっ、それはそれで、また構わないのだけれど、
どこまでも、いつまでも拒絶しながらも、
その行動には共感できない。
ものすごーく罪悪感を感じてるのに、キッパリした
行動をとらない。相手を心配して余計な行動ばかり。
アンタのその行動が、全てを不味くさせてるんでしょ、
って思うばかりの展開で、このルートも非常に
胸糞悪いばっかりでした。
よく知りもしない、分からないのに、首つっこんで
事態を悪くするばかりで、自分のせいだ、と思いながらも、
まだ同じような事を繰り返してドンドン、ドツボに
はまっていく……。
こうやって書いてると、保輔の時と同じですね。
結局、どのルートでも、同じような行動と展開で
同じように酷い目に合わされて不幸になっていく。。
ただ、相手が変わっただけ。。。
そういうゲームだと、改めて思わされたルートでした。
それからこのルートでは、早浪の両親である今上帝と中宮
酷さが一層ハッキリと描かれていましたが、
特に、これまで出番の少なかった今上帝の、
かぐやへの執着の異常さは、凄かったです。
気持ち悪いほど。そのまま受け入れたら、それこそ
近親相姦しそうな勢いが感じられる程でした。
だって、最愛の人と瓜二つって事での執着なんだもん。
行き着く先は推して知るべしと言えそうでした。
早浪に関しては、同情しましたね。
両親のせいで、凄まじい程の女嫌いとなっていて、
そんな中で、かぐやに気持ちが寄って行って、
妹と知って更に気持ちが増した感じで。
でも、妹と知って、かぐやは逆に引いていく……。
受け入れられないなら、さっさと帰りゃぁいいのに。
ほんと、酷でしたね。
なので、バッド3つでは、精神的に受け入れられないまま、
相手に縛り付けられるような終わり方で、パターンが
ちょっと違うだけで内容的には同じ感じで
面白みがなく、また、エグい、汚らしい性描写が
長くて嫌でした。
そしてベストは、結局、帰る事になったのに
後ろ髪惹かれて、残って受け入れる訳だけど、
受け入れ方も、ある意味現実逃避っぽくて、
なんだかな……。
本当に、心からの愛ってものが感じられなくて、
誤魔化されたような気がします。
子供できたら、呪うようになるんじゃないの?って
思っちゃいました。
 

f:id:narico555:20170803154729j:plain 安倍晴明 /cv:四ツ谷サイダー

平安時代陰陽師。既に100歳に近いのに、なぜか子供の姿。

やっとの出番と言いますか、これで全部が分かるんだろう、

と期待していたのですが、結果から言うにガッカリでした。

かぐやの色々な経緯は「上」での空也のルートで

大体は明かされてはいますが、それでも、かぐやが

現代へ飛ばされた当時のドラマ的な部分は、まだ不透明さが

残っているし、そもそも、この人の心情的なものが

よく分からなかっただけに、知りたい気持ちが強かったです。

他の人のルートでは、彼女が自らの意思で選択できるように

なる事と、その幸せを何より願っているってスタンスで、

そう言っている割には、彼女は散々な目に遭っていて、

なんだか理解に苦しんだんですよね。

一体、この人、何考えてるの?本当の狙いは何?って。。

で、この本人ルート。

これまでどこか本人任せな態度だったのに、何故か

凄い執着を見せてきて。。。

竹取物語』をモチーフにしたゲームだけに、

このルートでは、その色が顕著になったので、

やっぱり、このルートが本命なんだと思います。

エンディングも、まさに、って感じでしたし。

でも、結局、晴明の気持ちって、イマイチよく理解できませんでした。

妖のさが、とか言って、その執着は妖だからなのか?

生まれた時から自分のもの、って何度も言ってるし、

彼女の母と約束しただの……、その辺のドラマが

描かれてないから、晴明の「気持ち」が、やっぱり

よく分からなくって。

エンディングはベストとバッドで2つ。

思いのほか、少ない。。。でもベストは、この物語の

本当の締めって感じではありました。

なのに、攻略制限、かかってなかったですね。

共通終えた所で、誰のルートへ行くか選択できるのですが、

3人、誰でも好きに選べる状況でしたし。

このルートでの性描写もイマイチでしたねー。

そもそも、子供の姿なのに、できるんだ~って、

ふと、思っちゃいました……(;^_^A。

そのせいなのか、この人だけ、寝衣を着崩した程度の絵でした。

子供姿ですが、見た目、何歳くらいなんでしょうねぇ?

背丈はかぐやと同じくらいな感じだから、それほど子供でもないのか?

でも、姿は子供でも、声は大人……しかも、年齢いってる感じで、

ちょっとだけ違和感。まぁ、サイダーさんの、男~な声が好きなので

いいんですけどね。

 

と言う訳で、正直ちょっと消化不良ぎみ。

何て言うか、ちょっとホラーか?って思うくらい、

エグさ、不幸さが前面に押し出された内容だったと思います。

上下合わせて6人の攻略でしたが、晴明を除いては、

判を押したような同じようなストーリー展開で、

面白みに欠けていたと思います。

それと、ヒロインには全く共感できず。

思考や行動がバカ過ぎて。

これじゃぁ、どこにいても幸せにはなれないでしょう。

そういうのを教えてくれるゲームだったのかなぁ~?

でも、やっていてちっとも面白くない。

イライラしっぱなしでした。

それに、流されるように強引に体を奪われて、

散々感じさせられてから相手を好きになっていくような

パターンだったのも、胸糞悪かったと言うか。

こういう、どんどん流されて不幸になっていく女性の

メロドラマが好きな人には、向いているのかもしれませんが、

自分的には、ダメでした。

 

個々のキャラとしては、魅力を感じる部分も

ありましたけど、内容がね……。

源頼光さんは、キャラとしては良かったです。

この人、いいキャラでした。

早浪も、基本的には高潔で、好きでした。

空也も割と良かったです。

どの人も内容に難アリでしたが、基本キャラ的には

いい感じだったんですよね。

そんな中で、藤原の保昌、保輔の兄弟は嫌いです。

特に兄の保昌。。段々、その声としゃべりを聞いてるだけで

神経が逆撫でされるくらいの嫌悪感が増してしまい、

この「下」では、彼のダークサイドは見せられませんでしたが、

それでも出てくると不愉快な気分に。。。

 

というわけで、世界観とか基本設定とかは良いと

思うのですが、シナリオ的にはダメでしたね。。。

ドロドロ好き、、、虐められるヒロインを見るのが好き、、

SM系が好み、、、って方は、楽しめるかもしれません。

評価としては。 2.5 / 5 ……。 「上」より下がりましたね。

最後のエンディングに多少希望が感じられたのが、救いでしょうか。

でも、陳腐だな~って思いましたけど……(;^_^A

 

空蝉の廻 1.魂宮魁

f:id:narico555:20170801111730p:plain cv:谷山紀章

 

鬼の長。人間のことを心から憎んでいる。

自他共に厳しいが、仲間想いでもある。

 

 時代は江戸時代。

 本土から海を隔てた孤島・冥島。

 そこには「死の国」に繋がる二つの門があった。

 鬼が管理する湖巌門と、人が管理する灯巌門。

 過去からの因縁で憎み合う二つの種族だったが、

 何とかこれまでは無事にやってこれていた。

 だが、その門に異常が現れ、妖魔が次々と現れるように。

 問題を解決すべく、祈女である主人公・天音は

 鬼の長である魂宮魁に会いに鬼の村へ出かける……。

 

また、鬼と人間の対立物語かぁ…………、、、と思いつつも、

キャラボに惹かれて、購入しちゃいました(;^_^A

和ものは割と好きでもあるので。。。吸血が無かったのは

何よりでした。正直、吸血は飽きている…………(-_-;)

 

まずは、メインと思われる、鬼の長、から行ってみました。

周囲を見渡しても、まずはこの人が妥当そうに思ったので。

だけど、最近、悩むし、疑問にも感じます。この順番が。

やり終えて思うのですが、色々な謎が、当然ながら殆ど

解決しませんでした。

祈女と鬼の長。

どちらも、種族の代表みたいなものだし、

双方の初代が協力して作った、二つの門なわけで。

なので、その門についての解決は、矢張り、この二人の

ルートで見せるもんじゃないのかなぁ……って思うんですよね。

そうすると、初回で選べる相手じゃなくなる筈だし、

この人が最後で、全て解決!ってなってくれた方が、

私は嬉しいなあ~って思いました。

 

さて。それで魁、自身ですが。

全体としての印象は、薄味だったかな。

第一印象は、凄く癖が強いのかな?って思ったのですが、

全然そんな事はなく、長らしく、まともでした。

ただ、分かりにくい面も多々ありました。

物語をスンナリ行かせない為とは言え、

天音を除いた、鬼サイド、人サイドの双方が

やけに感情に支配され過ぎてる印象。

民は仕方ないとは言え、長老である天音の祖母とか、

ちょっと理解できませんでしたね。

それと、祈女の天音に対する認識が、鬼、人、双方とも

甘すぎると言うか、おかしいデショ。

この人がいなかったら、妖魔を退治できなくなるわけで、

そしたら、鬼だって人だって、全滅しちゃうって

子供でも分かりそうな理屈だと思うのに、

彼女に対する態度とかが、信じられなかったですね。

 

そんな中で、天音だけが、謙虚と言うか、人と鬼の

双方への思いやりがあって、そんな天音と接するうちに

魁も変化していくのですが、恋愛感情への発展の様が

急激に思えました。

信用するようになって、なんだか良い雰囲気に

なったのまでは良かった。

だけど、そこから急転直下な恋愛行動には、

ちょっとビックリでした。

何て言うか、気持ちが通い合ったかな~って思った所から、

話はまるで駆け足の如く進んで行って、

あっと言う間にエンディング。。。。

 

全体的に、短かったと思います。

所要時間、大したこと無かったです。

鬼と人との争いとかの確執も、目先の感情だけに

とらわれている感じで、事態の深刻さがまるでない。

鎮宮家と魂宮家だけしか、非常時状態だと認識していないのか?

かなり、差し迫った状況であるにも関わらず、

互いに協力する決断を「近いうちに」とか言って、

なかなか決断しないのも、はぁ???だったし。

人間には妖魔を退治する力は無いのに、従者である泰臣が

「命に代えてもお守りします」とか、、無理だろ!って。

ツッコミどころが満載でした。

 

恋愛モードでの魁は、最初のぶっきら棒とは

打って変わって、とても萌えキュンではありましたが、

立ち位置、見た目、声優さんから連想されるキャラより

平凡だったかな~?って思いますね。

もう少し、強烈なキャラなのかと予想してたのですが……(;^ω^)

 

始まった最初の方では、興味深くやれたのですが、

結局、なんだかサラ~っとしてたな~と。

まぁ、初回はこんなものでしょうか?

 

ところで、それとは別に、途中、最初のミニゲーム

入る少し前で、突然、アプリケーションエラーが発生。。

途中でセーブしていたから良かったものの、そうでなかったら

頭からやり直しになっている所でした。

これ、困っちゃいますね。

その後、一度も無かったので良かったですが、

他ルートでも、また発生しやしないかビクビクです。

他の方でも聞いているので、何かあるなら早く修正バッチ、

出して欲しいところです。