narico555のブログ

乙女ゲームの感想や声優さん、アニメなどの話題が中心です。

スクール・ウォーズ(PSP) 4.氏家樹

f:id:narico555:20190720170553p:plain cv:浪川大輔

 

錫代高校二年。晴藍や錫代といった特殊な高校において、
能力が突出している生徒のひとり。
普段、寡黙ではあるが好戦的な一面があり、
主人公の潜在的な能力に興味を持っている。
凶暴で粗野といった印象ながら、どこか育ちの
良さが感じられる部分もある。

 

この人、予想外に胸キュンでした♡

まさか、浪クンのキャラでハマるとは思ってませんでした。

 

まず、見た目がイイ。めちゃ好み。

寡黙で、何を考えているのか、最初のうちは

全く分からなくて、突然、有無をも言わさず

攻撃してきて、なかなか刺激的な展開にドキドキ.....。

その後も、ヒロインとのしのぎを削るようなバトルの連続。

緊張感が前半を支配してましたね。

そうして戦っているうちに距離が近くなってきて、

校舎の放火事件の真相を追いながら、

いつの間にか良い感じに発展していく二人.....。

 

樹の声や喋り方はなかなか渋めで、

基本不愛想な彼が見せる表情の変化が、これまたそそる。

なんとも魅力的なキャラだったと思います。

俺様なんだけど、可愛げもあって、

たまりませんでした。

 

黒部をクリアして開放されるルートなので、

もしかしたら最後向けだったのかも。

この人だけ、エンディングの数が多めだし。

ドキドキさせてくれるシーンも結構あったし、

楽しめました♪

 

 

OCTOPATH TRAVELER(N/S) その2

近頃、暮らしの方がめちゃ忙しくて、

なかなかゲームが出来ない状況で、

それでも時間のある時には、地道にオクトパストラベラー、

進めてきまして、いよいよ3章が終わって最終章4章へ.....。

 

3章は、どのキャラのBossも4~6万のHPなんで、

倒すのに時間掛かりましたので、疲れました..........。

 

f:id:narico555:20190719182740j:plain

 

これは、私のメインキャラ、サイラス(学者@梅原裕一郎)の

3章ラスト戦の模様。

 

このように、Bossだけが、異常にデカくてですね、

最初やった時はビックリしましたね。

手前の2人は、所謂ザコですが、このザコも

場合によっては厄介な存在だったりします。

 

復活したりするんですよ~(-_-;)

 

で、このBoss..........、本来は狂った学者なんですけど、

薬を飲んで、こんな姿に変わってしまいました。

まるでハルクみたいですね。。。

 

 

そして、こちらは..........

f:id:narico555:20190719183659j:plain

オルベリク(剣士@小西克幸)の3章のラスト。

Boss戦の後に、もう1戦ありまして、こちらはタイマン。

なので、結構、ハードでした。

相手は、金髪のイケメンの元仲間。

 

巨大人の下にある数字がシールドの数。

このシールドがゼロになると、気絶状態になって

こちらが与えるダメージも倍以上になります。

シールドの数を減らすには、弱点を突くのですが、

その弱点が、画面上で「?」となってる所。

一応、攻略サイトで押さえ済なので、?になっていても

自分的には分かってますが、知らないで臨むと

かなり厳しいですね。

 

3章は、全体的にラスボスにザコ付きが多く、

HPも高くて、倒すのに時間が掛かりました。

 

1章、2章の時に、あまりに時間掛かるんで

少々ウンザリしたんだけど、3章では覚悟して

プレイしたので、耐えましたよ~(;^_^A

 

なんせ、メインキャラと商人と盗賊はレベル高めだけど、

それ以外は、思う程に上がらないのもあって、

奥義まで習得できてなく、大ダメージ攻撃とか、

戦いに色々と有利なアビリティを習得しきれてなく、

だから時間掛かっちゃったんですよね。

 

それでも何とか、全員3章を終えられてホッとしたけど、

4章は全員、推奨レベルが45...............。

 

前述の3人は50を超えてるのに、他は30台が

いたりなんかして、レベル上げを考えただけでも、

少々憂鬱に...............。

 

アハハ、、、笑えるよねぇ。

 

楽しむ為にやってる筈なのに、苦痛になってきてる(;'∀')

 

 

さて。どうしよう..........。

 

 

とりあえず、攻略サイトで研究するか。。。

 

 

で、結果、強い武器を回収し、有利なアイテムを

回収しながら戦ったりして、4章、まずは1人目、

テリオン(盗賊@松岡禎丞)でやってみましたよ。

 

そうして、無事に、終える事が出来ました~~~🙌

 

テリオンは、収集したデータから判断するに

比較的、楽な方だったかな、と思います。

敵が盗賊団なので、物理攻撃が中心な為、

物防をしっかりし、武器も最強に近い物を

入手して装備しました。

ただ、シールド解除の攻撃後に、毎回

弱点が隠蔽されて、有効弱点が2つ程度しか

無くなる為、その辺がちょっと面倒だったし、

弱点によっては、攻めが弱くなったりして

まどろっこしく感じたりもしました。

 

最後、物語が終わったら、こんが画面が..........。

 

 

 

f:id:narico555:20190719185925j:plain

 

あはは。Finだって。。。

 

✖ボタンを押すと、また通常の画面に戻ります。

 

テリオンの物語は、出始めは面白く感じたけれど、

終わってみると呆気なかったと言うか、

少々物足りない感じでしたね。

彼の生い立ちや、ラスボスとの関係、裏切りによる

人間不信からの立ち直り。。。

そういうの、良かったですけど、物語的には4章で

まとめるのが短いと言うか。

 

でも、テリオン自身のキャラは、私は好きです。

声のツグツグが、とても良かったと思います。

心に闇を抱えてるテリオンのキャラが、

少なめのセリフだけど、声によく現れていて

私には魅力的に感じました。

さすが、上手いな~って思うし、ほんと好きですね♡

 

テリオンの4章のパーティですが。

 

 サイラス Lv58 職業:学者 サブジョブ:商人

 テリオン Lv54 職業:盗賊 サブジョブ:踊り子

 トレサ  Lv53 職業:商人 サブジョブ:学者

 アーフェンLv42 職業:薬師 サブジョブ:剣士

 

アーフェンは、全8人の中で一番レベルが低かったので、

武器やアイテム回収の為の冒険に連れて歩いて、

やっとこの数値まで上がり、尚且つ、この後の本人の

お話まで、なるべく上げたいのもあって、ここで起用。

1回のダメージが1000越えだったりするので、

回復役としても必要だったしね。

あと、サブで剣士にしたので、物攻中心で役立つし。

 

さて。

お次は、剣士のオルベリクを開始。

こちらは、物攻中心でありながら、状態異常も

多いらしいので、これまた難儀しそうです。

ボスのHPは10万超えだし..........(;^_^A

 

 

OCTOPATH TRAVELER(N/S) その1

f:id:narico555:20190706103240j:plain

https://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler/

 

久々のRPGゲームをプレイ。

自分はFFは基本的に苦手なのでⅫくらいしか

プレイしていなく、ドラクエの方は好きなので

そちらはやっていたのですが、最新版は中盤に入る頃に

気が乗らなくなって中断したまま、長い月日が.....(^▽^;)

 

ここの所、乙女ゲーも不作で退屈なのもあって、

色々吟味して、コレ面白そう♪と思いましてね。

 

始めてみたら、面白い (^^)

 

主人公は用意された8人で、その中からプレイヤーは

好きなキャラクターをメインで選ぶようになっています。

物語の舞台となるのは、オルステラ大陸。

選んだ人物の物語が始まります。

物語は4章形式で、それぞれの章の最後にボス戦があり、

それをクリアすると次の章に移れるけれど、目安のLVが

地図に表示されてましてね。

それが結構ハードです。

 

1章時は5LV程度。2章になると21~27、3章は30~35、、、

ってな感じ。幅があるのはですね。パーティのレベルが

上がると、それに合わせて上がってるみたいなんですよね。

 

パーティは4人までで、最初は主人公1人のみなので、

最初の戦い、かなりシンドかったです。

パーティは、各人の第1章をクリアして仲間にできるように

なっているので、3人目まではキツかった..........。

 

私がメインで選んだのは、学者のサイラス。

なんと、CVが梅原裕一郎! キャラ自身もイケメンです。

ただ、このゲーム、キャラクターは昔ながらのドット絵で、

背景は美麗なCGっていう、面白い作りになってるんですが、

人物はドット絵なので、イケメン設定でも反映はされてません(><)

 

f:id:narico555:20190706104602j:plain

 

なんとかレベル上げして、ボスを倒しましたが、

対戦時、自身のHP/SPの表示はあるのに、

敵のは全くないので、どれだけHPを減らせたのか、

あとどれくらいで倒せるのとかが皆目分からないので、

この辺、辛いですねー。

1回の攻撃で2桁程度のダメージで、貯めて攻撃して

3桁超え。相手にはシールドがあり、それぞれシールド数は

違うのですが、そのシールドを相手の弱点を突いて破ると、

相手の防御力が大幅に下がるので、一気にダメージを

与えられるけれど、1ターンで切れて、またシールドが

復活するので、何度も何度も繰り返し、一体、いつまで

これが続くんだ!!って、ちょっとウンザリする程の

しぶとさなんですよ。

 

後から攻略サイトとかでボスのHPを確認したら、

数千単位...............orz

そりゃ、時間かかりますよねぇ.....(;'∀')

 

これを、最初は1人のキャラのみで倒すので、

推奨LV5ってなってましたが、無理でした。

なので、もう少し上げてから挑戦。

 

やっとクリアして、さて2章へ.....ってわけにもいかず。

なんせ2章のレベル、無理だし。

それに仲間もふやさねば!

 

と言う事で、2人目は商人か盗賊が欲しかった。

でも盗賊のテリオン(cv松岡禎丞)は遠かった。

旅の途中で敵と遭遇するわけなので、仲間は早く欲しい。

で、商人は近場だったので、商人のトレサがいる街へ。

 

何故、商人と盗賊かって言うと、商人は一緒に連れて

歩いているだけで、お金が入ってくるんですよ。

大金じゃぁないですけど、これは有難い。特に序盤は。

そして商人は、出先で出会った人達から

アイテムを盗む事が出来るので、売れる物は売るし、

他に装備や薬などが手に入るので、これも有難い。

あと、商人は出会った人から物を買う場合、

値下げ交渉で安く買えるって利点もあるんで、

この2人は序盤は必須な感じ。

 

f:id:narico555:20190706110323p:plain

 

右上の学者・サイラス後、その下の商人・トレサへ行き、

トレサの第一章を終えて、2人で盗賊・テリオンの元へ。

その間の3人がいる街は、寄って補給はするものの、

各人のストーリーには介入せず、兎に角、テリオン狙いで。

先立つモノを得てから、他のメンバーを確保しようって作戦で。

 

そうして、テリオン確保後に向かったのは、

剣士・オルベリク(cv小西克幸)。

矢張り剣士は強いんでね。

次が、狩人・ハンイット、そして神官・オフィーリア。

ハンイットは動物使いなんで、元からいる雪豹を

無制限に使える他に、対戦相手のモンスターを

捕獲して使役できるという、ちょっと面白いキャラ。

 

道中は、一度クリアした街は、その後はいつでも

一瞬で移動できるようになっているので、

近場の街へワープしてから移動。

そうやって、まずは、全員の第1章を終えて、

現在は、第2章、あと1人を残すのみ状態となっています。

 

プレイ時間は50時間を超えています。

このゲーム、凄く時間喰いなゲームですね。

推奨レベルまで上げるのも大変だし。

行ける場所も、段々と広くなってきて、目的地へ

行く途中の街道が、現在のレベルだと厳しいレベルを

通らないと行けない!なんて事もあります。

各キャラクター間のレベルの差も、結構あります。

 

メインキャラは外せないので、一番レベルは

高くなるのは当然ですが、自分にとって使い勝手の

良いキャラってのもいますしね。

あとは、矢張り、商人と盗賊はホント助かるので、

なるべく連れて歩きたい。

でも他のキャラもレベル上げしないとならないので、

街道を旅している時は、盗賊を外し、街に入ってから

商人と盗賊を入れ替えるなどしています。

 

メンバー交代は、街の酒場でしかできません。

それからセーブも、セーブポイントでしかできません。

大事な場所には必ずセーブポイントはあるけれど、

街中のセーブポイントは、ちょっと不便です。

盗賊の「盗む」って行為は、100%の時は当然問題ないけど、

80%とかだと、失敗することもある為、事前に必ず

セーブしてやり直すのがベストなので、

遠いと面倒くさくって。

 

あと、ゲーム内の地図が非常に不親切です。

レーダー状になってるだけなので、地図とは言えないです。

これ、分かりにくい..........。

おまけに、プレイヤーのゲーム視点が固定されていて、

周囲を色々と確認する事が出来ません。

なので、隠された道を見つけるとか、分かりにくい。

なんせ、背景はCGですからね。

そうして、歩いた場所が地図化する事も無いので、

迷いやすい。

地図は上の絵図のような、全体地図しかなく。

最初に表示されている場所以外は白いままで、

章をクリアしたり、独自に入り込んで歩いた場合に

明かされていく感じ。

だけど、明かされていない場所は未クリアな

場所だけに、入ってみるとLV45!!とか、

滅茶苦茶ハイレベルだったりするんで、結局、

行くのを断念する感じです。。。

 

 

さて。

 

段々と、ボス戦がきつくなってきました。

担当キャラのレベルが推奨より1,2くらい低くても、

他のキャラがかなり上回っていれば、なんとかいけます。

だけど、ボスのHPが2万前後から4万前後.....。

ハンイットの第二章のボスが4万3500もあって、

ウンザリでした。倒すのに、すっごい時間かかって.....。

 

なので、そろそろ疲れてきました。

3章以降はダンチで難しいなんて話も耳にして、

最後まで終えられるか自信がなくなってきました..........(;^_^A

 

 

 

スクール・ウォーズ(PSP) 3.黒部大悟

f:id:narico555:20190630182414p:plain cv:藤原啓治

 

錫代高校の3年生。大柄で強面、

見かけ通りの腕っぷしで、後輩から慕われる

リーダー気質の生徒。女性や小動物といった

見るからに弱そうなものが苦手。

飾り気が無く、外面に反して生真面目な性格。

 

渋くてなかなかカッコイイ男子でした。

武骨で不器用で一本気。

不良っぽい見た目と強面さで、周囲からは

怖がられるけれど、親しくなると凄く

頼りになる兄貴みたいな存在だし、

曲がった事が嫌いなので、犯罪めいた事は

全くしてないんだけど、周囲からはそう見られない、

ちょっと損なタイプでしたね。

 

錫代高校の放火事件の犯人のように噂されて、

この事件を解決する事になった栞の

個人的な興味もあって、彼女の方から

彼と親しくなるべく接近するんだけど、

これがなかなか堅物の頑固もの。

しかも、根が優しくてお人好しなので、

自分と親しくなったら危険って理由で

彼女を避ける、って、なかなかですよね。

漢気が凄いと言うか。

 

まぁ、そういう人なんで、前半はすっごく

まどろっこしかったです。

口下手なんでしょうね、あんまり喋らないし、

仲は進展しないしで、正直前半はちょっと

退屈になってしまいました..........。

でも段々と軟化していく所は、そういう相手だけに

反応が面白く、後半に至っては、かなり

胸キュンになりました。

なんせ、すっごく強いのに、女慣れしてないから

反応がウブ。。。

そして、ヒロインだけを生涯かけて守るように

なるんだから、サイコーです。

ま、焦れったさも結構ありますけどね。

 

藤原さんの男くさい声とキャラがマッチしてて、

痺れました。

大好きなんだけど、オジサマ系な声優さんのせいか、

なかなか攻略キャラクターで出演されることが

ない藤原さんの、数少ない攻略キャラ。

私にとっては嬉しかったし、期待通りな感じで

良かったです(*^^*)♡♡

 

 

スクール・ウォーズ(PSP) 2.塚本久光

f:id:narico555:20190619191540p:plain cv:日野聡

 

晴藍高校の2年で、次期風紀委員長。

成績優秀で主人公を補佐している。

家が政財界と関わりが強く、その為に

どこか厭世的な部分がある。

主人公への憧れから、風紀委員になった。

優秀なのに、何故か自己評価が低い。

 

とても真面目で、なんでもソツなくこなす、

非常に頼りになる後輩だけど、ひょんな事から

彼が関わる事件に首を突っ込む事になった主人公。

それをきっかけに、ただの先輩・後輩だった

立ち位置から徐々に距離が縮まっていくんだけど、

なかなか面白かったです。

 

久光は、ちょっと不愛想だし、無口な方なんだけど、

風紀委員長のヒロインの事を非常に尊敬していて、

神聖視しているくらいに慕ってるんで、

いい感じでした。

自分を慕う、年下の優秀なイケメン。

最高です(//▽//)

 

二人で事件を追う内容は、とても自然だったし、

前回やったアイドルと違って、真面目なキャラだけに

安心してプレイできましたね。

妙な性癖とかも無かったしwww.。。。

 

真面目だし、何故か自分に自信が無くて

自身を過小評価しがちな久光君だけに、

奥手で物足りないかも.....?と思ったら、

最後は結構、きましたよー。

アイドルよりエロかったかも。

恋人になる前は謙虚すぎるくらい謙虚だったのに、

恋人になったら、結構、Sっていうか。

また、日野さんの低音ボイスが一層エロさを

増していましたね。

 

まぁ、自分としては、日野さんは好みでは

無いので、萌えきれませんでしたが、

久光君のビジュアルは、とってもステキでした。

途中、メガネを外してるシーンがあって、

その素顔は、凄く綺麗で胸キュンでした。

 

委員長と副委員長のコンビカップル。

良かったと思います♡

 

 

スクール・ウォーズ(PSP) 1.比佐将文

f:id:narico555:20190618092801p:plain cv:野島健児

 

錫代高校3年。誰もが名前を知っている芸能人。

世慣れていて言動にそつがない。

仕事とプライベートをはっきり区別しており、

素はとんでもない我儘で辛辣。

二重人格かと思わせる豹変ぶり。

 

工業高校と見せかけて、その実態は
スパイ・ボディガード・傭兵の精鋭養成施設。
そんな高校で起こった学校戦争!
風紀委員長として放火事件の犯人を調べながら、
個性の豊かな生徒たちとの恋愛を主軸にした物語です。
事件、謎解き、戦い、それに甘い恋愛。
現代日本を舞台にしつつ、有り得ない非日常的な
世界感で送るスクール・ラブコメディ!

 

2012年11に発売された、クィンロゼのゲーム。

 

古いゲームですね~(^▽^;)

ヒロインは、一条栞、晴藍高校の3年生。

すぐ近くにある錫代高校が放火による火災を

切っ掛けに晴藍高校に統合されて一緒になり、

これまでの苦労が更に上回って、波瀾万丈に

なりそうな展開が予想される始まりで..........。

 

初回は、きな臭い学校の生徒である事が

不思議な、超売れっ子アイドルの将文でプレイ。

声が大好きなのじけんさんなので迷ったんですが、

他攻略さんの中では最も異質な印象だし、

某サイトさんで、変わってるから初回オススメ

ってあったのもあり、初回でいくことに。。。。

 

 

いやぁ~~、なんていうの?

自分的には、ある意味初回は辛いキャラだったかも(;^ω^)

 

はっきり言って、クズです。このキャラは。

 

アイドルの二面性ってのは、別に構いません。

よくある事だしね。設定としても。

性格が悪いってのも、色んな事が原因で

本当の所は、ちょっと捻くれているだけで

悪人ってわけではない、ってパターンですよね。

この人も結果的には、そうなんだろうって思います。

でもまぁ、この性格が形成されるバックボーン的な事が

明かされるってことも無かったので、この性格、

本当に素で、生来のものなんでしょうね。

 

で、何が嫌かって、矢張り関係の始まり方、でしょうか。

こういう汚いやり口で、脅迫めいた事を

ちらつかせて相手を言いなりにさせるって人、

本当に嫌いです。

まぁ、従わせてやらせる内容は、どうって事は

ないけれど、それでも最初のうちは侮辱的だし、

こういう相手を好きになってしまうヒロインには

共感できなかったし、将文に対しても

最後まで好きになれませんでした。

 

こんな脅しに乗ったらアカン!!

そう思うばかりでしたねー。

 

ヒロインの基本設定からは、ちょっと難しい

攻略キャラなんじゃないでしょうか。

多分、他キャラだったら、ここまで言いなりには

ならないんじゃないのかなぁ~と思うのですが、

さてどうでしょうね?

楽園男子(PSP) 7.成宮光栄 &総括

f:id:narico555:20190616124420p:plain cv:杉山紀彰

 

いつも優しく見守ってくれる王子様的存在。

テニス部のマネージャーに主人公を誘い、

頑張る彼女に惹かれている。

明日那とは同じクラス。

 

この人は、最初から優しいし、爽やかな

好青年って感じです。

年齢相応な可愛らしさとカッコよさが

良いバランスで立ってる感じで、声の

杉山さんの演技も、キャラの魅力を引き立てていて、

心惹かれるキャラクターでした。

 

ただ、優しい男にありがちな優柔不断さが..........。

 

前半は、とっても良い感じです。

かなり最初の方から好意を示してきて、

どう見たって、好きだろ!!って思える言動。

だけど本当に明日那ってニブチン。

ここまで鈍い女を相手にしてて、苛々しないのかしら?

全体的に言える事ですけどね。。。

 

でもまぁ、前半はなかなか良い感じでしたが、

松嶋くんルートで予想がついた、入院中の

1年生女子マネが戻ってきてからが、酷かったですね。

丘野兄妹、サイテーですね。

キャンディキャンディのテリーのケースか!?って

思っちゃいましたよ。。。

今の人たちには、分からない例えだと思いますが。

つまり、古臭い設定ですよね~って事で。

 

こんな臭い脅しに、キッパリした態度を取れない

光栄にはガッカリでした。

負い目を感じすぎだし、その相手の負い目に

つけ込んで無理やり束縛とかさ。

誰も幸せにはなれないし、虚しいだけなのにねぇ。

でも、こういう女、やっぱりいるのかね?

高校生のうちからこれじゃぁ、先が思いやられる。

 

勿論、ハッピーエンドでは、そういうしがらみを

断ち切ってはいたけれど、それはお互い、なので、

相手がそうじゃなければ、ズルズルと流されてしまう、

そんな弱さを含んだ優しさを持つ光栄君.....。

先々も私としては不安が残る相手ですねー(^▽^;)

 

 

***** 総括 *****

 

これで、全員終了です。

 

元男子校で、2年生以上は男子しかいないって

学校の2年のクラスに転入してきた、明日那ちゃん。

だからこそ、女子にとっては楽園?

可愛い子みたいなので、周囲からチヤホヤされる感じ。

 

でも本人はコミュ章っぽくて、他人と話すのが苦手。

イトコの幸兎が発明した、会話を補助してくれる

アイテムを使いながら頑張る明日那ですが、

大人組2人は、奥手過ぎる明日那には

ハードル高すぎって印象でした。

自分的には、それなりに良かったと思うのは、

やはり学生たち。

同級生組と生徒会組ですね。

大人組の二人には、いいように弄ばれた感が強い。

何にも知らない無垢でニブチンのヒロインは、

結局彼らに流されるような形だったなぁ~って

思うばかり。自分らの気持ちや都合を

押し付けるばかりで振り回されてる感、半端ない。

 

お話は、全体的には面白味がある内容でした。

ただ、全ルート、共通部分が非常に多いので、

このドラマを面白いと感じられるのは初回くらい。

2周目からは、殆どが既読スルーなので、

回を追うごとに退屈度が増してく感じ。

 

特に2人1組で作られているので、

後にやった方は一層、スルー率が高い。

やってる事は、人が入れ替わっただけが殆どなので。

勿論、個別の事情も絡んでくるわけだけど、

そういう部分は全体から見れば、本当に少なくて。

でもって、各人、エンドが5つもある。

ハッピーエンド以外のエンドは、最後の終わり方が

唐突で、尻切れトンボな感じなので、正直意味不でした。

分岐点が早めなだけに、エンド回収するにも

長いスルーを辿らないとならず、その辺、疲れました。

 

TAKUYOさんらしい個性は、なかなか面白いんですけど、

金太郎飴色が強いので、攻略さんが7人もいるだけに、

後半はウンザリ気味でした。

でも、攻略順としては、自分的にはこれで正解でしたね。

大人組を間に挟んで良かった。

正直、この2人を終えた時点で、やめようか、って

気持ちが湧いたほどでしたが、残ったのが大好きな

お二人だったし、内容的にも良いキャラだったので

学園恋愛ものとして、楽しめたと思います。

 

でもまぁ、ヒロインがね。

可愛い子だけど、あまりにもニブチン過ぎて。

相手からの言動に、”気のせいだよね”とか、

”きっと、〇〇だからだろう”とか、

からかわれてる、とか、わざとなの?

ドキドキする以前、って感じ。

相手の言動の理由を考える事が殆ど無い。

もうちょっと、ヒロインの方もドキドキを

感じてくれたら、こちらももっと楽しめたのに、

って思います。

 

システム面は、古いゲームなので、仕方ないのかな。

デフォ呼びではありません。

あと、BGMとかの音量を調節できるんだけど、

一番小さくしても、まだ大きい感じでした。

セリフと被る時に小さくなるって事もないので、

セリフが聞き取りにくいシーンが結構ありました。

 

それから、攻略の助けとなる2つのアイテムも

幸兎をやらないと入手できないとかなので、

最初にやらないと入手できず。

まぁ、攻略サイトを利用されれば必要ないけど、

このせいで、初回のルート選択が決まってきちゃうわけで。

共通部分が多いから、初回が一番面白く感じられるので、

好きなキャラからやりたい人にとっては、

あまり嬉しくないな~って思います。

 

で、ビーストアイテムを入手すると、攻略さんの

心の声が追加されるわけですが、これが思ったより

少なくて、ガッカリだったな~。

エンディングも、どこか中途半端な感じだったし。

学園内のクラスメイト達や嵐先生は、面白い反面、

鬱陶しくも感じられました。

特に嵐先生のシーンはくどすぎ。

あまりにも個性的過ぎてついていけなかった。

この辺の比重を減らして、個別は個別として

独立していれば、もっと面白かったのにと思います。

 

二人で取り合い、みたいな内容で、それはそれで

面白かったし、うま味もあったけれど、

二人一組でほぼ内容が被ってるのは残念でした。

 

イチ推しは、松嶋総士緑川光 かな。

まぁ、一番オーソドックスだったので、物足りないと

感じる人もいるかな。自分的には光さんだったのが

大きかったかも.....。

 

作られた年代を考えれば、それなりだったかと。

安く購入できたので、まぁまぁ楽しめた、と

いうことで。

 

 

 

楽園男子(PSP) 6.松嶋総士

f:id:narico555:20190615172332p:plain cv:緑川光

 

無神経で毒舌そうだが、本当は誰よりも

相手を気遣い、不器用な優しさを持っている。

成宮光栄と共にテニス部のエース。

ヒロインと同じ、高校2年生。

 

最初はぶっきら棒で少々怖い感じの態度ながら、

ヒロイン・明日那と触れ合ううちに、

彼女に惹かれていく様が良かったな~と思います。

光栄も彼女に好意を示してくるので、

タイプの違う二人に親切にされて、

プレイヤー的には美味しかったですね。

明日那は相変わらずニブちんですが。

 

このルートはこれまでと違って、

攻略キャラに暗い背景とかが無く、

テニス部のマネージャーとして、楽しく青春を

満喫できたなぁ~って思います。

学生時代の楽しさを再び感じさせてくれたかと。

 

そして総士は男くさくて、優しくて、でもちょっと意地悪で、

緑川さんの声も低めなのもあって、

自分的には胸キュンでした。

ハッピーエンド以外は、少々??な感じでしたけどね(^▽^;)

 

 

 

猛獣使いと王子様~Flower & Snow~(N/S) 7.~Snow Bride~ &総括

f:id:narico555:20190613183253p:plain

https://www.otomate.jp/beast/flower_snow/

 

FD版の方ですね。

絵も一層綺麗になり、デフォ呼びにもなって、

なかなか美味しい内容でした。

 

各人のサイドストーリーに、アフター、アナザー、

そして、ヒロインの父であるフランツの日記。

それとExtraとして、各人のSS(テキストのみ)。

 

アナザーをやらないと、アフターがやれなくて、

アナザーとアフターをやると、サイドストーリーが

半分ずつ開く等、ちょっと最初は分かりにくい

仕組みになっていますが、どれも面白いし、

何より糖度あります。

 

フランツの日記は、ゲーム進行中に出てくるワードを

開く事によって、追加されていくので、ワードは

開いて見た方が良いです。

このフランツの日記は、ベリンダとフランツが

少年少女の頃の、バルタザールとの出会いから

始まっていて、物語の大本や、主人公たちが

活躍する中で語られなかった両親たちの

裏話が書かれていて、これを読むと更に

内容がよく分かり、なかなか感慨深いと言うか、

胸に沁みる内容でした。

 

アナザーは舞踏会2編で、攻略さん達も

カッコ良いけれど、ヒロイン・ティアナの

ドレス姿も可愛くてステキでした。

この~Snow~編でのティアナの基本衣装は

白なんだけど、なかなか上品でステキな

ワンピース姿で、本編では溌剌とした衣装でしたが

対照的でステキでした。

 

そして、各キャラとのアフターも、それぞれに

面白かったです。

 

エリクは本編で私は撃ち抜かれましたが、

こちらでは、あの腹黒さがパワーアップした感じで、

ちょっと鼻についたかなー(;^_^A

 

ルシアは良かったです。やっぱり本人ルートでは

とても一途な頑張り屋で、猛獣使いとして

世界中を回るって夢を持っているティアナの相手として、

一番合ってる感じがします。

可愛カッコイイ感じですね。

 

ルフレートは、家族を失って自分一人になり、

消えない負い目と、弟ディルクへの思いがあり、

そんな彼の為に奮闘するティアナは本当に

優しくて強くて、最後は理想的な家庭を

築いてる感があって、これも良かったです。

 

マティアスは、矢張り王者らしく、

胸キュンでした。俺様ぶりが可愛くてエロいww

そして、ファザーン王国の呪いと行方不明の

父王バルタザールの件など、国家の機密に関する

重大事項が明らかになり、深い内容だったと思います。

 

あとは、シルヴィオとクラウス。

こちらも面白かったですが、シルヴィオは猫ってだけで

大分得をしていると思います。それだけで可愛くて

憎めないですよね。

幼なじみのクラウスは、相変わらずの苦労性と言うか、

そのうちハゲるんじゃないでしょうかね?

って思うほど、仕事づけで同情でした(^▽^;)

 

 

***** 総括 *****

 

以上、Flower&Snow、全て終了。

 

とても楽しかったです。

 

何より、世界観とキャラ達が大好き。

 

どのキャラも捨てがたく、箱推しですね。

 

短めなので、多少の物足りなさはありますが、

キャラ達の魅力には勝てません.....。

 

特に自分にとっては、主要キャラのCVが

全員、大好きな声優さん方なので、尚更でした。

特に、最近のゲームではあまり遭遇しなくなってきた

緑川さんが筆頭なのがサイコーです。

 

Switchで、続編とか作って欲しいな~。

勿論、声優さんは変更無しで。

 

色々と波乱万丈的だけど、深刻になり過ぎず、

キャラ達の掛け合いと言うか、やり取りが

すっごく面白くて笑えるコメディーっぽさがあり、

また、萌えキュンもしっかりさせてくれるので、

トータルバランスは良い方だと思います。

 

ヒロインも、優しくて元気で可愛い。

お人好しで世話焼きだけど、とても好感の持てるキャラ。

そう言う点でも良かったなと思います。

 

久しぶりに、楽しい気分にさせてもらったな、

ってゲームでした~。

 

楽園男子(PSP) 5.小鳥遊麗

f:id:narico555:20190611214725p:plain cv:保志総一朗

 

遊園地のイベントスタッフ「ガイドメンズ」の1人。

真明と仲が良いが、謎の多い人物。

自分を拒否されないように「良い人」を

演じて生きている。

自分に好意を持たない、または少しでも負の

感情を見せた相手を避け、惜しみない愛を

くれる相手を一夜限り愛す。

主人公が過去に交わした”約束”に興味を持ち、

接近する。

 

正直に申しますと、自分には、このルートは

クソつまらないルートでした。

まず、真明のルートと基本的には同じ。

キャラによる違いは多少はあるものの、

真明の時にあった事が、そっくりそのまま

人物が入れ替わっただけ、、、って内容が

非常に多かったです。

なので、殆ど既読スルー状態。

 

それから、非常に面倒くさくて分かりにくいキャラ。

かなり拗れている人物なので、すっごく

振り回されてる感。

愛されたいくせに、好きと言われるのが嫌とか、

馬鹿か!って思います。

本気になれないとか、分からないとか、

それなら積極的に関わって来るなっ!って思うし。

大勢の女子達にキャーキャー騒がれてるんだから、

真明が気にしている子に、わざわざチョッカイ出して

振り回す意味がほんと分からなくって。

真明ルートで、麗のことをウザイ奴って

思ったけど、本人ルートでも、そういう感想を

払拭してくれない内容で、イライラしたし、

最後まで好きになれませんでした。

 

ハッピーエンドですら、ギリギリまで

ゴチャゴチャゴチャゴチャ、、、禅問答か!って

ツッコミ入れたくなるほどでした。。。。

 

途中で放棄したくなるような、イラつくルート、

我慢して全エンドを終了。

結ばれても、良かったね^^とは思えず、

ほんと、楽しめませんでした..........(-_-;)