narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

逢魔時~怪談ロマンス~(PSP) 6.真相エンド&総括

f:id:narico555:20170520112131j:plain

 

真相エンドは、密と京極の二人に用意されていました。

 

ただ、どちらのルートも其々のベストエンドと選択肢がほぼ同じ為、

最後の最後まで、既読スルー状態。

選択肢までのスキップができない為、それがちょっと苦痛でした。

クィンロゼのPSPのゲームは殆どが既読スルーは自動じゃなくて

Rボタンを押し続けとなる為、この辺ほんと面倒くさくって。

そして、肝心の真相エンドですが、密では静が過去の記憶を

取り戻して、過去の出来事が映画の如く再現されるわけですが、

思い出した後の彼女の行動は、まぁ仕方ないかなと思える内容でした。

ただ、なんとも微妙な関係ではありますね、密との間が。

彼のせいなだけに、これまでのようには愛し合えないのは当然ですが。

 

そして、京極の真相エンドは、ちょっと意外でした。

で、これってバッドエンドっぽくないかぁ?と少し涙......。

京極に真実を伝えないまま、勝手な決断とそれを実行に移すのは

賛同できませんでした。どうして彼に選択の権利を与えないんでしょうね。

愚かな行動としか思えなかったです。

 

そんな両真相エンドですが、矢張りゲームの過程としても、

改めてやらせるのではなくて、各キャラのエンドの中で

攻略制限してくれた方が良かったと思います。

ほんと、ラスト以外全く同じなんですもん。

 

お勧めプレイ順としては、まずは霊次が無難かと。

次は遠野か由良城のどちらか……。

ネタバレ的には、両者同じ感じなので、お好みでしょうか。

で、次は日比谷京極でしょうね。ラストが式部密。。。

まぁ、式部を最初にやれば、ほぼ主人公の正体は

察せてしまうので、事情をある程度分かった上で

他のキャラをやるのも悪くはないですけどね。

自分的には失敗したと思っています。

 

そして、全体としては、そこそこ面白かったですが、

飛びぬけ喜べるほどでは無かったですね(;^_^A

古いゲームでもあるから仕方ないのですが、

セリフのスキップ等の反応が遅めで、

最近の快適さに慣れてしまっている分、ちょっと

イラつきました。

良かったのは、前半の共通ルートが短くて、

2週目からは、分岐点まで一挙にスキップできる所と、

途中途中も既読の所はスルーできる所ですね。

選択肢スキップが無いのは、もう仕方ないかな。

 

トーリーは有るようで無いような内容で、

世界観と個別のキャラ萌え的だったと思います。

盛り上がりに欠ける為、好きな声優さんが

多いとかではないと、退屈に感じるかもしれません。

自分的には、好きな声優さんオンパレードだったのと、

クィンロゼのゲームは好みが多い事から

購入してしまいました。

そこそこ楽しめたので、後悔はありませんし、

続編の黄昏時~もツインパックでお安く購入したので、

この後、そちらをプレイしようと思います。

 

評価としては、★★★☆☆ 3つ、と、+αってところですね。

発売当初で評価すると、プラスアルファかな、と思います。

なんせ、5年前ですもんねぇ……。