narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

死神所業~怪談ロマンス~(PSP) 7.黒門蓮司 &総括

f:id:narico555:20170721100324p:plain cv:中井和哉

 

黄泉社の社長で、疫病神。澄の育ての親。

 

ちょっと不安でしたが、恋人スタートだったので

良かったです。

ただ、蓮司が彼女に与える影響についてや

藤代巧実の謎などについての真実は

一切伝えていない状態でした。

 

折角、恋人同士になったのに、一緒にいる程、

彼女が狂っていく為、家に帰ろうとしない蓮司……。

哀れだけれど、やっぱり、本当の事を伝えるべきだと

思うばかりでしたね。

事情を話さずに避けてばかりじゃ、かえって澄を

不安にさせて悲しませるばかりなのにね。。。

 

そんな葛藤の中で、それでも彼女に押されて

我慢できなくなって手を出してしまう蓮司。

抑えていた反動もあったりして、

そのギャップぶりには、矢張り萌えましたね。

ただ、今回、結局、本当の事は伝えないまま、

根本的な解決を考える事もなく、ある意味

惰性と言うか、澄の気持ちに押し切られてしまった

選択でのエンディングとなってしまいました。

内容的には面白かったですが、疑問が多いに残る

エンディングだったとも思います。

 

と言う訳で、全員終了♪

全体的には、面白かったです。恋人スタートじゃなかった

二人には不満は残りますが、他の人たちは、それなりに

面白かったです。ただ予想外にシリアスと言うか

重たい内容だったのには驚きましたが。

一応、前作をやっていなくても楽しめる内容に

なっていたとは思います。

がっ。やっている事を前提とした内容でもあったように

思えるし、知っていた方がより分かりやすいと言うか

楽しめると思うので、興味がある方は、『死神稼業』の方から

される事をお勧めします。

好みもあるでしょうけれど、怪談シリーズの中では、

これが一番面白かったと思います。

 

プレイ順ですが、黒門、巧実は、矢張り最後の方が

お勧めですね。特に黒門は最後が良い気が。

巧実は前半よりは後半の方がシックリ来る気がします。

ひとりだけ人間って事もあって、異質ですし。

あと、東海林も後半の方が、黒門との関係上、

しっくり来るかと。

その他のメンバーはお好み順で問題なしでしょう。

 

それにしても、やっぱり焔が良かったですねー。

蓮司の最大のライバルって気がしますね。

イイ男過ぎる。出来過ぎじゃないでしょうか。

勿論、思考は単純でおバカなんですけどね。

そういう所も含めて魅力的だったと思います。

 

まぁそれでも、自分的には一番はやっぱり蓮司なんですけどね。

最初、中井さんの超低い声が、ちょっと……だったんですよ。

だって、絵と合わない感じがして。

すっごい違和感でした。

蓮司って、見た目が若い印象じゃないですか?

東海林の方が老けて見える。

人間の見た目年齢的には、蓮司は25,6で、東海林は30くらい。

元クラスメートだった織瀬も、30くらいに見える。。。

それだけに、いやに渋い声が違和感で。

今回、回想で高校時代の蓮司が登場したのですが、

それでは高めの声で出されていました。

でも少年な感じではありませんでしたが……(;^ω^)

だけど、段々と慣れてきて、そのうちに癖になってきたと言うか。

良くなってきちゃいましたね…アハハ(;^_^A

無口な方なので、無言で表情だけて語るシーンも多く、

そういう点も含めて、凄く惹かれるキャラでした。

親代わりだけに、その愛し方が異常な程だから

好まない人もいるかもしれませんが、私にはツボでした( ^/////^)

 

今回、『おまけ』として、立ち絵と自己紹介などが

ありましたが、ちょっと驚いたのが、追加の回想シーンと後日談……。

全ルート終えた筈なのに、フルコンプになっていないので、

どうした訳なのか?と悩んだのですが。。

何のことは無かった。

最後の蓮司が終了した時に、通常の回想シーンの後に、

追加の回想シーンが…。すぐには気づかず……(-_-;)

この追加回想シーンは、蓮司との後日談となってましたが、

今回のエンディングの後日談ではなく、前回のベストエンドの

後日談。。。澄が旅に出たルートの。

しかも、すぐ後ではなく、かなりの時間が経って、

問題が解決したんだな、と分からせてくれるような、

かなり未来の後日談でした。

でも、二人は登場しないと言う…………。

物足りなさが無くも無いですけど、まぁ、良かったね、と

祝福の気持ちになりました。

 

そして、この追加の回想シーンを見終えると、

空いたままだった、その他の回想12枚が登場……。

と言っても、映像ではなく、ショートノベル形状でしたが。

蓮司が2枚で、他キャラは1枚ずつの後日談と、

その他4枚……。その他4枚は、怪談ロマンスシリーズの

他のキャラ達が登場して、繋がりのある感な内容で、

これはこれで面白かったです。

 

これでやっと、本当にフルコンプって事で、

良かったですね。

人数が増えた分、長さ的にはちょうど良かったと思います。

被っている箇所もありますが、それぞれに趣向が工夫されて

いたと思うし、退屈な箇所はあまり感じられませんでした。

ただ、前回と同じ問題を何度も繰り返される所は

ちょっと……でしたけどね。

評価としては、3.5 くらいかな。

前作より気持ち下くらい。。。

続編だけに、もう少し糖度を上げて欲しかったです。

蓮司の場合、もう限界に近いような状況に来ているから

仕方ないのもありますけど、このルートの中で

問題を解決し終えて欲しかったです。

 

好きなキャラ順は。

 

1位 黒門蓮司

2位 東海林和真

3位 渋澤焔

4位 藤代巧実

5位 雨水潤

6位 橘千歳

7位 織瀬秋人

 

巧実、今回は後退でしょうか。。前回の方が良かったです。

 

十分楽しめました。良かったで~す♪

 

f:id:narico555:20170721105346p:plain