読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

ROOT∞REXX 総括

乙女ゲーム ROOT∞REXX

f:id:narico555:20160723152517j:plain

 

総合的に見ると、楽しめました。

 

ドロドロしてないし、バッドエンドも無いし、気軽な感じでしょうか。

 

ガッツリしたお話しが好きな人には、サラッとしてて、作りも甘いし、

 

萌え度やキュン度が低いので、物足りないか、つまらないと思うかもしれません。

 

突っ込みどころは満載なんですよ。

 

そもそも、デビュー曲が物凄く売れたけど、まだ2カ月しか経って無いのに、

 

いくら好きだと言っても、重大ニュースを聴く為に、

 

わざわざ高1の女の子がロンドンから単身で東京に来るとか、

 

そこからして、信じられない思いだったし、

 

8カ月後に東京へ越して来て、転入した学校が、彼らの通う学校……ってのは

 

良いとしても、その後の流れの、物語の導入部分で、かなり引くと言うか。

 

その後の流れも、いまいち面白味にかけました。

 

共通ルートがとても長くて、面白い部分もあるものの、

 

まとまりに欠けるなど、作りとしては、結構、荒かったと思います。

 

なので、そういう部分が気になる人は、楽しめないのかもしれません。

 

 

私自身は、ドロドロしたのが苦手なので、ちょっと高校生らしいテイストで、

 

単純に楽しめましたが、もう少し、萌えやキュンが欲しかったですね。

 

ただ、ゲーム絵とCGと、結構、差があったのが気になるのと、

 

みんな、ヒロインが初恋の相手で、再会してまた好きになった……

 

みたいな設定は、面白くなかった。マンネリと言うか、お手軽と言うか。

 

MADLipsの面々は面白かったけど、関係性がちょっと、ここもお手軽感。

 

エンディングも人によって、差が感じられて、ここら辺も不満。

 

それぞれの背景があって良かったけれど、展開が同じ感じで、

 

すでに読めてしまってたのも、ね…………。

 

あと、そうそう。ファッションが…………。

 

ダサいと感じましたが……。

 

ステージ衣装も、酷くないですかね。

 

ミカドは、前が開き過ぎでしょう。

 

聡真も、あれ、なんだ?頭に付けてるの、わけ分かんないし。

 

駿も、なんだかな。

 

玲は、幼すぎ。幼稚園生か!って思っちゃう。

 

思春期の男子でしょ。アイドルじゃあるまいし、恥ずかし過ぎる。

 

ロックバンドの衣装じゃないよ、あれは。

 

秋もねぇ。。まぁ、まだマシな方ではあったけど。

 

私服も、ダサかったりするし。

 

こういう部分でも、評価下げてる気がする。

 

MADLipsの方が、まだマシだったね……。

 

まぁ、多くを期待すると、ガッカリかな……とは思いますが、

 

期待せずにやった方が、思いの外、楽しめるかも。

 

星の数で言えば、3.5/5な感じかな~。

 

 

良かったな、って思う点は、音楽ゲームがETCとして、別になってる事。

 

ゲーム内でのミニゲームシステムになってるの、好きじゃないので。

 

ミニゲームのせいで、先へ進めなかったり、好感度に影響されるの

 

嫌なんですよね。この手のミニゲーム、苦手だから。

 

一発クリアとはなかなかいかないから、どうしても何度もやる事になるので、

 

そういうのにかかる時間が、勿体ないって思っちゃう。

 

あと、音楽が良かったです。

 

特に、REXXのデビュー曲は、特に好き。

 

音楽ゲームをやると、マスコットのショートストーリのオマケが開きます。

 

複数あるんだけど、最初をやると次が開き……って感じで、

 

次々に開いて行くので、難しい条件も無く、楽でした。

 

 

全キャラをやってみて、好きな順は、

 

アキ>仁>ソウマ>ミカド>シュン>レイ  かな。。。

 

やっぱり、ヴォーカルのアキが一番、魅力的だと思います。

 

カッキーの歌声、色っぽくて大好き。

 

ゲーム内でも、これが始まると、全部聴いてから先へ進んでました。

 

なので、もう今じゃ、鼻歌的に、気づくと口ずさんでます(^_^;)

 

しかし、10年くらい前でしょ?ヒロインとの初恋物語って。

 

それを思って、「時を越えて…………愛してる~♪」とか歌ってるんだよね。

 

凄いや~。初恋相手に作った歌なんだよねぇ~。

 

いやはや…………。

 

ほんと、よぉ~~く考えると、ありえない~~~って事ばっかりだわ(^_^;)

 

こういう突っ込みも、ゲームの楽しみのひとつですよねー。