narico555のブログ

乙女ゲームの感想や声優さん、アニメなどの話題が中心です。

新装版クリムゾン・エンパイア 3.ランビュール=ダヌンツィオ

f:id:narico555:20180920200948p:plain cv:谷山紀章

 

前国王を暗殺者の刃から救った功績で、

士爵となった元平民。

社交よりも、部屋に閉じこもって謎の薬を

ぐつぐつ煮ているほうが好き。

 

いつも糸目状態で、表情だけでは

感情が読みにくく、全体的にポワ~ンとした感じの

キャラでしたが、思いのほか良かったです。

謎の薬の制作で発生する臭いが悪臭で、

頻繁に苦情を訴えられて、何度も止めるように

言いに行くヒロイン・シエラ。

なのに何故か、休憩時間中は、ランビュールの

くっさい部屋で彼と一緒に過ごしているのが

最初は全く理解できなかったのですが。

 

ただ休みたいだけのシエラと、そんな彼女を

受け入れている、良く分からないキャラの

ランビュールで、恋愛的な要素は他のキャラよりも

遥かに低いって印象だったので、どう変化して

いくのかなぁ~って、興味深かったです。

ドキドキ感は、他のキャラより矢張り低かったですね。

それでも、やっぱりジワジワとやってくる感は

面白かったと思います。

 

そして、ただの薬師のようでいて、

実はそうでもないって所が謎めいていて、

興味が惹かれたし、また愛情を示すように

なってからのランビュールは意外に男くささも

あったりして、その辺、ギャップ萌えでした。

紀章さんの声が、全体的には高めで優し気なのに、

男くさい低音ボイスになる所とか、

ちょっと怖そうな言い回しとかが出てきて

その辺はたまりませんでした~(*ノωノ)

 

グッドエンドはのほほんとした感じで終わりましたが、

ベストエンドはちょっとランビュールの隠された

本性?がすっごく気になっちゃいましたね。