narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

死神所業~怪談ロマンス~(PSP) 5.東海林和真

f:id:narico555:20170719171140j:plain cv:諏訪部順一

 

黄泉社の死神で、社長・蓮司の右腕。鬼の妖。

蓮司と共に澄の親代わりのような存在で、

日ごろから「目に入れても痛くないほど可愛い」と

言っては溺愛している。

 

今回、単独ルートとして新規加入。

前は分岐エンドで良い雰囲気になってましたが、

今回は、特に恋人としてのスタートと言う訳ではなく、

相変わらず、ベタベタと愛情表現してくるのを

澄は異性として意識し始めたような状況からでした。

 

東海林自身、絶対惚れてるだろって思わせるような

愛情表現なのですが、それでも言葉の最後には

「親子のようなもの」的なセリフを付けて

来るんですよね。自分自身をけん制してるのだろうと

思えますが、東海林を男として好きになったと

自覚しだした澄にとっては、つらかったりします。

 

前半では、蓮司に拾われた直後の東海林との

出会いが回想シーンで入って、興味深かったです。

今回、他のルートでも子供の澄が何度も

登場してくるのですが、これが、可愛くって。

こんな女の子をそばで育ててたら、愛しくなるのも

無理ないな~って、思いますね。

 

だけど、東海林は、なかなか踏み出さない。

当然ながら、蓮司に遠慮している訳ですが。

蓮司のせつない気持ちは、すっごく分かるし、

可哀想でね……。だから、東海林が

あえて行動しないのも分かる反面、

どうしてそこまで蓮司に義理立てするんだろう?

って、疑問に思っちゃいます。

その点は、『死神稼業』の方でも思いました。

他人に全く興味が無く、感情の起伏も無く、

冷たい蓮司と、東海林は高校の時の同級生で、

東海林の方が、しつっこく蓮司に絡んでいたのは

前回ので分かってますが、それにしても、

どうしてそこまでなのか、心情的にはサッパリですね。

男ふたりの友情の絆的な事は、ほぼ無いと思われるので。

でも、だからこそ、東海林は優しい男性なんだと思うし、

そんな東海林が相手だけに、とても大事にしてくれて

幸せになれるんだろうって、思えるエンドでした。

 

デカいし、強いし、優しいし、諏訪部さんだし……(≧▽≦)

今回、単独になってくれて、本当に良かったです♡

ステキでした…( ^/////^)