narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

死神稼業~怪談ロマンス~(PSP) 5.黒門蓮司 &総括

f:id:narico555:20170715212431p:plain cv:中井和哉

 

黄泉社の社長で、澄の育ての親的存在。

疫病神で高い妖力を持っている。

澄をとても大切にしている。

 

もう、最高でした!

澄は、自分を拾って育ててくれた蓮司を

非常に尊敬し、慕っていて、彼の為なら

全てを差し出すとまで思っているものの、

恋愛感情ではなく、あくまで親子の情だと、当初は

思っているようでしたが、蓮司の方が違うのは、

もろ分かりなくらい、べったべったで、

独占欲丸出しなんですよね。

他ルートでは登場時間は短いですが、それでも、

その強い想いは十分伝わってきていましたので、

本人ルートに至っては、もう、ずっと、だだ洩れ状態。

にも拘わらず、澄には伝わってないと言うか、

親子の情と思い込んでいるので、過保護って捉えてる。

 

でもねぇ~。過保護にしても、父親がやるような

行為じゃないって、思いますけどねぇ…ww。

とにかく、甘い。蓮司がね。

何かというと「俺のもの」「誰にも渡さない」発言が

バンバン飛び出してきて、蓮司ファンにはたまりません(*ノωノ)

 

実は私、、、一番最初に、蓮司でやってしまったんですぅ~~(;'∀')

まだ、された事がなくて、興味が湧いてやってみようと

思われる方がいらしたら、、、、絶対に、蓮司は最後にして下さい!

 

大体、この人に攻略制限がかかっていないのが、おかしい!

彼女の、死神職強迫観念が、蓮司に影響されているんだろうって事は、

誰をやっても推察できますが、藤代巧実が生き返った件の真相は、

矢張り、この蓮司の、、、しかも、真相エンドとして

新たに追加される内容で、初めてやっと明かされます。

これ、他の4人全員を終わらせないと、出てこないエンディング……。

なので、初回に蓮司でやったものの、出て来ないエンディングが

幾つもあって、正直、ムカつきました。

それなら、蓮司自身のルートを制限して欲しかったですよ~~。

ステキな人だし、最近、本命か2番目あたりから始めてしまう傾向に

ある為に、ついつい蓮司でいってみたのがアダでした。

蓮司か巧実かで迷って、生き返った不気味な巧実が、

矢張り最後かな~?大好きな彰くんだし、元々、彰クンが

目当てだったんだし……って気持ちから……。

あ~、大失敗でした。。。

 

この蓮司ルート、もう、すっごく良かったんです。

自分的には充実した内容だと思いました。

すっごく堪能して、満喫できました。

それだけに、次にやった雨水潤のルートが、とても見劣りしちゃいました。

淡々とした雰囲気だったこともあり、物足りなくて。

最初から最後まで、愛情たっぷり、異常な程の独占欲、、、

だった蓮司ルートを最初にやるのは、矢張り毒です。

それに、蓮司の深い想いを知ってしまっている状況なので、

他の人の時でも、なんだか蓮司が哀れに思えてきちゃって。

蓮司と澄の絆がね。

この二人が想い合うのが、やっぱり一番自然に思えたから、

尚更、他が見劣りしちゃう……。

どのキャラも、それぞれに良くはあったのですけど。

だから、やっぱり制限かけて欲しかった。

 

なので、オススメ順としては、最初は菊塵社の二人か焔で、

好きな順でやって、その後で、巧実→蓮司でいくのが良いかと。

 

全体としては、とても面白かったです。

ただ、どのルートでも、中盤ちょっと中だるみ感がありますね。

話の展開が緩くって……。もう少しテンポ感があっても、と思います。

それに、ちょっと長い。

全部で15章仕立て。所々、ダラダラ緩く、時にしつこく、

疲れてきちゃいました。特に、ヒロインの無駄な説明的なセリフが

多くって、見てると眠くなったりとダルかったです。

その辺、もう少し整理して、12章くらいにまとめてくれたら、

スッキリしたのではないかと。。。

 

内容的には、死神って物騒な職業で、仕事のシーンなんかも

それなりにある割には、残虐な雰囲気は薄くて、

重たい話の内容でも、ドロドロ感は大したことはなく。

なので、残酷、ドロドロが苦手気味の私でも、大丈夫でした。

糖度もそれなりにあるし、クィロゼらしいコメディさもあって、

楽しめました。

ミニゲームも付録でついてて、それなりに面白かった。

 

ただ、エンディングがね…。

酷いエンドは無かったです。そこは良かったのですが、

本当の意味でベストと思われるエンドが、あまり無かった印象。

最後の最後、蓮司の真相エンドでも、希望のような

明るさを孕みつつも、どこまでも希望的観測なわけで、

本当に二人が幸せになるエンドではなかったのがね…。

なんの愁いも無く、一緒にいられる日が来るのか、

分からないのが矢張りちょっと、悲しいと言うか、

せつなかったです。

 

こうして、全てが終わってみて、心に残るのは、やっぱり

蓮司と巧実ですね……。この二人が一番好きですね。

この二人のルートは、どちらも泣けました。

そして、焔、、、やっぱりいいです。

蓮司のルートでも、カッコ良かった。いいヤツです。

ちょっと長くて疲れもしましたが、概ね満足でした。

評価としては、3.6 くらい、、かな?

 

次は、続編の『死神所業』へ行ってみます。。。。

 

f:id:narico555:20170715221242p:plain