読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

逢魔時~怪談ロマンス~(PSP) 3.遠野篤郎

 

■遠野篤郎(とおの・あつろう) cv:諏訪部順一

 

主人公と同じ2年生でクラスメイト。

所謂、不良で番町格。喧嘩が強くて、しょっちゅう

主人公と喧嘩している。

 

このルートは、なんとも微妙でした。

映画を観に行ったら、たまたま隣の席で、

しかも感想が全く同じで、好む物も全く同じだった!!

……って事で、普段から喧嘩ばっかりしている二人でありながら、

映画に関しては、こんなに気の合う人はいないと分かって、

反目し合いながらも映画だけは一緒に観る事になった二人.....。

 

まぁ、ここまでは良いんですけどね。

で、それがきっかけで徐々に慣れ親しんで恋愛に発展...

って、ありがちな流れになるのだろうと思えますが。

実際のところ、基本的には、そういう流れだとは思うんです。

勿論、ベタな展開とはなりませんが、互いに惹かれ合っていくのは、

間違いではないんですけどね。

なんなんでしょうね。

展開が超のろい。

でもって、気持ちの発展過程が良く見えない。

どうも、遠野の方は段々と彼女を憎からず思いだしている様子が

窺えるのだけれど、ヒロインがね。

静が遠野との関係が進むのに抵抗を感じるのは、

まぁ分かるんですよ。その理由は、彼女の過去にあるわけで、

ただ本人は、その辺が分かってないので、何となく嫌な

感じがするってだけなのですが、それなら和泉ルートで

和泉に対して同じように感じても良さそうなのに、って

思いました。何だかんだで和泉とは自然に恋愛関係になったのに、

このルートでの嫌がりぶりが相当で、かな~り最後の方まで

それを引きずってて、ジレッタイこと、この上ナシ。

 

それでも、そういう抵抗があるのは、まだ理解できるけれど、

何がイライラするって、静の遠野への態度や言動でしょうか。

本人は軽口のつもりのようですが、軽口なんてもんじゃない。

もう完全なる毒舌だし、嫌みや皮肉のオンパレード。

あれだけ口が悪くて言いたい放題なのに、よく好きになるな~と、

遠野の気持ちが理解できませんでしたね。

特に告白してから、何度も何度も断られ嫌がられ

拒否られてるのに諦めない。しつっこくて、驚きです。

そんな二人の関係が最後まで続いて、最終的に受け入れるのが、

なんともね。これまた違和感っていうか、しっくり来なくて。

和泉ルートが、それなりに甘かっただけに、ちょっと残念でした。

 

諏訪部さんの遠野は、とっても良かったんです。

無頼っぽくて、漢って感じで。

好きになった女に一筋で真っすぐで情熱的で。

ストレートに想いをぶつけられ、周囲にも目を光らせて

守ってくれる、男の中の男って感じで、本当にカッコ良くて

素敵でした。そんな遠野@諏訪部さんに対する、

主人公・静の仕打ちは、見てて腹が立っちゃいました(;^_^A

 

だからこそフラストレーションが溜まりまくりだったし、

そして最終的にそれが解消しきれずに終わってしまって、

少々残念なルートだったと思います……(´;ω;`)