読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

ワンド オブ フォーチュン R2~時空に沈む黙示録~ 8.大団円&総括

f:id:narico555:20170330211251p:plain

http://www.otomate.jp/wandoffortune2/vita/

 

全キャラ攻略後に現れる大団円ルート……。

大団円と呼んで良いものか、と思わなくもない内容でしたが。

簡単に言ってしまえば、誰とも恋愛的な関係にはならない、

ただ現代へ帰る事だけに特化されたルートと言っても

過言では無いかと思います。

ただ、キャラ攻略だけでは見えなかった部分が

ここで補足されていました。

 

過去へ飛ばされた本当のところの事情とか、

ルル達が飛ばされてしまった後の現代のミルス・クレアの

人々の様子など、知れば成程と思われる事が網羅され、

全てのピースが完全に埋まった感じでしたね。

ただ、本筋的な部分では既に全出な感じなので、

特に新鮮な事もなく。

 

そして、このルートを攻略するの、案外手間が

かかったと言うか、ちょっと苦労しました。

キャラ攻略の時でも、ハッピーエンドになるには

結精石を50個以上、精製するのが条件になっていて、

その為に探索に出て原石を収集するのですが、

これの出現数がランダムな為、

運が良いと楽に50オーバーとなるものの、

そうでないと厳しかったりで。

一応、どのキャラも50オーバーできましたが、

ギリギリのキャラもいたんですよね。

そんな状況下で、この大団円では80個以上無いと

ハッピーエンドに行けないようになってるようで……。

 

何度やっても70超えが良いところ……。

普通に収集してたんじゃ、1か所1回で8個くらい。

大収穫で12とか16だけど、滅多に大収穫にならない。

魔物を倒すと多めに収穫できるけど、そもそも魔物を倒すのに

対の結精石が必要なのに、元の原石取れないし足りないしで……(-_-;)

もういい加減、ウンザリ……。諦めるか……と思いつつ、

繰り返すうちに、フッと、たくさん取れる方法に気づきました。

それで80どころか90オーバーになり、目指すエンドを

やっと見ることが出来、矢張り頑張って良かったと……。

前述の通り、目だった事は無かったけれど、それでも

色々分かったのは良かったです。これが無いと、矢張りちょっとね。

エンディングも、誰とも結ばれないルルが自立していく感じで、

何人かのルートでは驚くほど甘ったるいルルが受け入れにくかったけど、

ここでは、色々経験して成長した感が出ていて好感が持てました。

 

 

こうして全てが終わってみると、なかなか深い物語だったな、

と思います。恋愛要素は付録的ですね。

使う人によって、人を幸せにもできれば、凶器にもなりうる魔法。

これって、魔法に限ったことではないですよね。

そういう問題を示唆していたように感じられました。

そして、過去の戦争をリアルに目の前にした彼らの苦悩と

その葛藤も、それぞれに胸に沁みました。

そういう点で、恋愛面を除けば胸が熱くなる良いお話だったと思います。

恋愛に関しては、自分的にはいまひとつでした。

諦めない頑張り屋のルル……。

基本的には、そういう所は美点だと思うのですが、

恋愛面に関しては、何人かのルートでは、しつこすぎるとしか

思えなくって、もう少し、彼女の強い想いの表現を別の

形にできなかったものか、と思いますね。

あと、彼女の衣装もちょっと……。

これも基本的なデザインや色などは可愛いくて良いのだけど、

男子陣の指摘通り、お腹丸出しなのはちょっと……。

水着みたい……。露出狂か?と言いたくなります。

おまけに、そのお腹を平気で触らせたりしてるし、

少しも羞恥心が無いようだし。。。ここは必要ない部分かと。

プレイするのは女性なんだから、露出サービス必要ないでしょうに。

デザインはそのままで、お腹部分も布地あって欲しかったかな。

 

それから、システム面で少々不満が。

探索を選んでから、地図が出るまでが長い。6秒くらい

黒い画面で待たされる。

また、探索終了後に次の画面に移行する時も同じくらいの時間が。

セーブ&ロードはスムースなだけに、この待ち時間が

いやに長く感じられて。

何と言っても、収集時に魔物が出た場合、退治できなくて

やり直しなどが度々だったりすると、この待機時間が

非情にイラつきました。

それと、作業を選択する時と、休息時の人を選択する時、等、

選ぶ為のダイヤルが幾つかあるのですが、それを回す方向が

統一されていない為、右行ったり左行ったり、

間違えてばかりで辟易でした。

どうして、同じ方向にしてくれないのでしょうね。

歯車だから?

どっちへ回そうが、繋がってるから目的へは行けますが、

遠回りになってしまう事が多くって。

右隣を選択したくて右へ押すと、右に回って左隣が来たり、

別のでは、左隣を選択したいから右を押したら、右隣のものが…(-_-;)

ムカつきました…………。

 

早送りができたり、共通パートを一挙に飛ばせたりと、

そういった所は便利で良かったのですけどね。

 

あとは、矢張り、薄葉カゲローさんの美麗なイラストが

何より世界観とマッチしていて、とてもステキで良かったです。

帰還後、3年後の姿も其々に魅力的でウットリでした。

そして、付録のSSSでは、各キャラの行間的な心情や、

サブキャラ達の心情などが沢山盛り込まれていて、

一層、物語の世界への深い理解に繋がったと思います。

それとCG。数の多さもさることながら、キャラボイスがついていて、

その内容がすっごく良かった。

本編では、大した糖度ではなかったですが、ここでは、

本編を振り返っての心情を語るようになってる為、

より萌えさせてくれたな、と思います。20枚くらいあって、

それぞれの語りが、わりと長いので、全部を見聞きするのに

時間、それなりにかかりましたが、ウットリでした~♡

改めて、各キャラの魅力を堪能させてくれました。

嬉しいオマケでしたね♪

 

そんな訳で、良い所、不満に思った所等ありましたが、

総合的に評価すると、★★★★☆ 4つ…… かな。

気持ち、欠け、3.8~3.9 くらい……?

何と言っても、全体のお話と各キャラのビジュアル&声の

魅力がサイコーだったので。

ヒロインにはいろいろ思う所はあるものの、

それでも攻略キャラ達とサブキャラの方々の魅力が

遥かに勝ってるので。ルルちゃんが、もう少しでしたね。

コドリアのカルディアちゃんのようだったら、

もっと気持ちが入ったのにな~、そしたら4越えなのにな~、

って感じです(;^_^A

 

いずれにせよ、みんな素敵で楽しめました♡

気持ちの良い後味です♪