読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

ワンド オブ フォーチュン R2~時空に沈む黙示録~ 3.ビラール

f:id:narico555:20170326081342j:plain cv:高橋広樹

 

ファランバルド王国の第二王子。

水に恵まれない祖国の為に魔法を学んでいたが、

芳しい結果が得られず、帰国する事に。

その前にみんなで記念撮影をしようとしていて、

過去に飛ばされてしまって……。

 

このルート、とても面白かったです。

ユリウス&ノエルのペアでは、戦争問題の中心にいる感じで、

否応なく巻き込まれて葛藤していて、ちょっと重たい雰囲気でしたが、

その間に、他のみんなは何してるの?ってのが、

ここで、ビラールとラギの事情が明かされて、なるほど納得。

 

共通ルートでも、ビラールの喋りが流暢になって守護精霊が

付いちゃったり、ラギがドラゴン化したことが報告されたものの、

訳が分からなかったのですが、その経緯がよく分かり、

内容的にも面白かった。

こちらの内容は、ファンタジー色が強い感じでしたね。

ファランバルドの水枯れの呪いの原因を教えてもらうために

信頼を得ようと頑張るビラールと、それをそばで支えるルル。

ビラールは言葉が流暢になってからは、なんだかすっかり

王国の王子らしい、大人っぽくてしっかりした様子が増して、

とても素敵でした。

広樹さんの声がね。落ち着いてて耳にとても心地良くて、

ウットリでした。前から好みの声質の方なので、

今回はその魅力がよく発揮されていたな~と思います。♡

 

エンディングは泣きました。

特にTragicの方は、ボロボロ……。悲し過ぎる。

予想できたエンドでしたけどね。

そしてハッピーエンドも、かなりギリギリまでTragic引きずってたので、

どーなるのよぉぅぅぅぅ…………、って、やっぱり泣けてきちゃって……(;^_^A

またまたウッカリ、Tragicの方へ先に到達してしまったので、

胸が痛くなって、しかたありませんでした。。。

ビラールはずっと祖国の為に生きてきて、自身の命よりも

国の方が重いと思っている人だけに、結ばれない理由も

容易に想像がつくわけなのですが、それにしても、

提示された選択のあり方には、ちょっと驚いたし

せつなかったです。ちょっと残酷。

そして、ビラールの選択も……。

結局、ルルの頑張りで翻すことになったけれど、もっと本人自身で

葛藤して選択しなおして欲しかったなぁ~と、私は思いました。

 

このルートでは、自然と人間の関係と問題が

描かれていて、現代の人類が直面している問題と通じていて、

なかなか深かったかな、と感じました。

良いシナリオでしたね。

選択を突き付けられるまでは、二人の雰囲気が

どこかロマンティックでうっとりでした。

あと、ハッピーエンドで最後にビラールのお兄さんである

ファランバルドの第一王子が顔出しで登場。

すっごく綺麗な人で、萌えました~♡

自分的にはビラールより好みです……(;^_^A

こういう、綺麗だけど食えない感じの方、いいですねー。

 

さて。次はラギで。

ペアだけに、ラギの問題もある程度わかってるし、エンディングを

見る限り、ラギのエンドも予想がついちゃう感じではありますが。。。

お楽しみです。^^