narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

遥かなる時空の中で3Ultimate 7.白龍

f:id:narico555:20170314220442p:plain cv:大谷育江/置鮎龍太郎

 

陽を司る龍神で、望を白龍の神子として

異世界へ連れてきた。

 

五行の乱れで龍脈が滞り、力を失くしているせいで

子供の姿を取っているが、徐々に力を得てからは

大人の姿に…。

 

前半の子供姿の白龍は、とっても可愛らしいですが、

大人姿となると実に逞しい体躯な上、声が置鮎さんだけに

妙に色っぽくって……( ˘//////˘ )

 

この白龍、どうして望を神子に選んだんでしょうね?

エンディングまでやってみて思うのは、

もしかして、、、ひとめぼれ???

 

子供姿の時から愛しく想い、恋してたって、

はぁ~~~っ……。。。。

まぁ、子供姿の時から、「大好き」と連呼して、

いやにベタベタでしたけどね。

ただ子供姿だけに、小さい子が姉を慕うような

雰囲気があるだけに、微笑ましい感じでしたが、

外見は変わっても、中身は同じなんですよね…………。

 

途中、大人に変化した白龍に対して、

前の方が良かったって答えと今の姿でいいって答えの

どちらを選ぶかでエンディングの姿が変わるところは、

正直、笑えました。

自分的には、子供の白龍はとっても可愛くて好きだけど、

全然萌えれないので、やっぱり大人の方がいいかな~。

 

ただ、白龍がことあるごとに望に言うセリフの甘さは、

ヒノエや弁慶とは違って、神だけに、あまりにも

綺麗過ぎて却って現実味が薄い感じがして、

真剣に受け取れなかったです……。ピンと来ないのですよね(;^_^A

それでも、最後は良かったです。

そして、後日談でも、大人と子供の両方のパターンが

用意されていて、それも楽しかった。

この後日談は、ほのぼのとしていて、自分的には一番、幸福感が

あって好きかな~。

なかなか面白い後日談でしたー(^^)

 

それにしても、公式サイトでの紹介では、

子供白龍しかないってのは、ちょっとねぇ…(-_-;)