読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~another record  総括

www.honeybee-cd.com

 

全員が終了し、全員のアフターストーリも見終え、

おまけのカウントダウンボイスやユユの新聞等、全て終えてフルコンプ。

 

ざっくりした感想で言えば、面白かったと思います。

突っ込みどころは結構あるし、深く考えれば疑問に思う点も

多いのですが、あまり考えず、目先のストーリーと雰囲気だけでも

割と楽しめる内容だったかな、と。

 

攻略人数が5人なのは、ちょっと物足りない感があったかも。

最近は攻略人数が多い傾向にあるからかもしれませんね。

自分的には、あと一人いても良かったかな、と思う反面、

この設定、この物語だと、これ以上いると食傷気味になるかも……

と思わなくもなかったりします。

 

追加要素のアフターストリーですが、思っていたより長めでした。

各人、大体オートで1時間くらいでしょうか。

勿論、読むだけで選択肢は全くありません。

私は気短なので、手動でかなり速いペースで読んでいて、それで40分くらいでした。

 

アフターは、内容的には少し物足りない感が残りました。

あれだけの想いをして結ばれたのに、ココロがあまりに奥手で子ども過ぎるので、

ただの仲良し小良しのパートナーで、ラブラブ全開とはいかず、

全開どころか、男性達に同情しまくりな内容でした。。。。

シュンに至っては、二人の関係そっちのけな感じの内容でしたしね(^_^;)

一番同情したのは、やっぱりヨルかな~。

 

カウントダウンボイスは、移植前のPCのと、今回ので、両方とも

7日前から当日のもの、全16個あり、それぞれが長くてビックリしました。

カウントダウンボイスは、このゲームに限らず、普段、あまり聞く方じゃ

ないのですが、たまに聞いても、短いですよねぇ~?

このゲームでは、大体全部2~3分ありました。一回が。

なので、全部聞くのに、かなり時間を要してしまいました。

でもって、another recordの前日の回だけ、5分もあって、これには尚ビックリ。

正直、長すぎるのも考えものかも。。。

聞いててダレてきました……。

でも、付録でこういうのを入れてくれるのは、いいですよね。

うっかり聞き逃しちゃう事も少なくないカウントダウンボイスなので、

改めて全部聞けるのは嬉しいサービスだとは思いました。

 

そう言う訳で、全体としては充実した作りになっていて良かったです。

本編の内容的には、転生エンドがよく理解できなかった。。。

一体、いつのどこへ転生しちゃったの?って感じで。

転生と言うより、二人が死なずにそのまま生きていた場合の

ラブエンド……みたいな感じがしましたが。

そして、バッドエンドに関しては、矢張り納得いかない事が多かったかな。

ナミ先生の態度や行動にしても、共通の前半とかの、あのやる気の無さ。

あれだけの執着を持って、補習組の担任になった筈なのに、

あれは、納得いかないですねぇ。。。でもって、バッドになった時の態度も……。

 

あとは、恋愛に特化し過ぎてるからか、現世時代のココロの家族の存在が

全く出て来なくて、それも却って不思議な感じがしましたね。

それと、死が近い人しか見えない死神の存在なのに、ターゲットと

肉体的なふれあいが出来ている所も、変な感じがしました。

普通の人間には見えない存在なのに、実体があるって……。

食べ物を調理したりしてるし、その辺が曖昧で、ご都合っぽかったです。

 

 

さて。思っていたより早く終わってしまいました……(^_^;)

攻略は、さほど難しくは無かったです。

選択肢は、個別で全部で7つくらいで、エピソードは11まで。

選択肢が入って来る場所は、人により色々で、全体的に

平均してバラけた感じで選択肢がある人もいれば、後半に

偏ってる人もいて、その辺で、多少悩んだりもしましたね。

でもって、死神エンドは転生エンドを終えないと

駄目のような作りなのかな~。バッドは簡単なんだけど。

転生エンドを観終わった後、補完的な内容で死神エンドに

行ける感じでした。そこがちょっと迷った所ですね。

最初のカイリと、次のシュンが殆ど悩まずにスムーズに

いったのですが、その後のルートは、うまくいかずに

少々手こずりました。

 

プレイ順ですが、最初はやはり、カイリがオススメ。

一番、無難かと思います。

多分、公式的には、カイリ、ヨル、シュン、アメ、なのかな。

自分は、カイリ、シュン、アメ、ヨルでしたが、

2番目以降は、好きな順で良いかな、と。

 

そして、キャラ萌えですが。

 

1位 ナミ先生

2位 ヨル

3位 アメ

4位 カイリ

5位 シュン

 

ですね。シュンに関しては、ちょっとビミョーなのですが、

それでも全員、それぞれに良かったと思います。

なんか、ナミの諏訪部さんとヨルのまえぬにキュンキュンして、

ふと、(あ~、コドリアのヴァンとルパンだ~~)とか、

思い出して更にキュンキュンしてたりしましたよ~(〃▽〃)

 

ナミ先生には、なんだか結構、不満が募ったりしつつも、

最終的には、許しちゃうと言うか、やられちゃうんですよね。

アフターでも、彼の態度に????と思いつつ、矢張り最後は

撃ち抜かれてしまいました。

 

で、できれば、アフターくらい、もっと甘いシーンが

各人あったら万々歳だったのになぁ~と……。

 

そんな、今回のこのゲーム。

☆は3.5……くらいかなぁ……。ビミョー。

もうひとふんばり、欲しい所だったので~。。。