読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

7'scarlet 総括(トア真相・隠キャラ含めて)

乙女ゲーム 7'scarlet 緑川光

f:id:narico555:20160729113852j:plain

 

最初に始めた時は、んんんん?と思ったゲームでしたが、

 

全体を通してみると、面白く楽しめました。

 

プロローグからしても、ちょっとダークでホラーっぽいのかな?

 

って、想像してたんですよね。死んだ人が蘇って屍者となる。

 

その謎を追うので、少しドロっとしてるのかなぁ~……って。

 

ホラー系、苦手な割に、怖いモノ見たさで、つい手が出ちゃう。

 

キャラクターの名前とか見ても、神話の世界っぽいし、

 

『もし神……』に近いのかも、って。。。

 

あれは面白かったけど、エグ過ぎて少し引いたんですが、

 

このゲームは、全然、そんな事、なかったです。

 

逆に、もう少し恐怖感が煽られても良かったような気が……(^_^;)

 

最初、あまり好みじゃないと思った絵も、最後まで

 

ヒノだけは好きになれなかったけど、他のキャラは良かったです。

 

ただ、スチルに落差があって。

 

ステキな絵がある一方で、なんだこりゃ?って思う絵も。。。

 

 

お話しの方は、攻略を進めていく上で徐々に分かって来るので、

 

最初の二人の時には、ミステリー的には非常に物足りなく、

 

兄を探しに、何か秘密のありそうな奥音里へやってきて、

 

ひと夏を過ごす中で、事件っぽい事に巻き込まれつつも、

 

無事に終えて、謎は分からぬまま帰る……、、そんな感じ。

 

その中で、恋愛感情が生まれて……。

 

攻略制限が取れた後は、段々と謎が分かってくるけれど、

 

基本的な流れは同じ。

 

それぞれのキャラを楽しめました。

 

ミステリーだけに、構成面で、こういう風に工夫したんだと思います。

 

でないと、完全に金太郎飴になっちゃうものね。

 

そう言う点は良かったんだけど、あっさり過ぎて

 

物足りなかったのも確か。

 

ただ、ユヅキまで終わっての、トアの真相には

 

正直、せつなくなって、ちょっとウルッときてしまいました。

 

トアは、ほんと、不憫だわ~(:_;)

 

ユアとの関係は予想通りだったけど、まさか、ねぇ。。。

 

 

そして、最後の最後、隠れキャラ……。

 

ネタバレになりますが。。。。

 

予想は簡単につくだろうと思うのですが。

 

 

 

 

 

f:id:narico555:20160729115518j:plain

 

夜刀神ハナテ@緑川光 お兄ちゃん..........

 

この人を探しに来たんですよね~。行方不明の、謎のお方。

 

もう、お兄ちゃんキャラ、、、益々『もし神……』を連想しちゃう。

 

あれでは、とても病んだ兄でした。

 

『ニル・アド……』でも、ちょっと病んでる系のキャラだったし、

 

グリリバ、そういう役、多いの?

 

『百花百狼』では五右衛門さんで、こちらは非常にステキなキャラでしたが。

 

 

ここのお兄ちゃんは、ヤンデレ系とは、また違いました。

 

ハナテのルートは、攻略と言うよりも、ほぼ、読むだけな感じ。

 

選択が2回ほど出て来たけど、どれを選んでも結果は変わりません。

 

ハナテが行方不明になった理由や、ハナテの存在、イチコが

 

何故、狙われるのか、ユヅキまで終えても、まだ分からなかった部分が、

 

ここで全て明かされます。

 

殆ど、ハナテの語りとハナテ中心でのストーリー運びとなってます。

 

なかなか、見応えがありました。割と、長いんですよ。

 

全部を読むのに、2時間以上、かかりました。

 

ユヅキの回を夜に終え、トア真相も終え、寝るまでまだ時間あるし、

 

いっちゃおうかな、、と思って、入ったはいいけれど、

 

1時間を経過しても、終わりそうになく、やむを得ず、

 

中断して就寝しちゃいました。

 

夜が明けて再開したけど、やっぱりすぐには終わらず……。

 

まとまった時間が必要ですね。

 

 

そして、こちらも、ラストはせつなかった。。。。

 

やっぱり、そうなっちゃうのねぇ。。。

 

奇跡とかは無いわけねぇ。。。。

 

 

どっぷりとした感慨は無いものの、淡~~い感じの物が

 

胸に残った感じです。

 

あっさりサックリでしたが、いい感じの後味が残ったような。

 

攻略順は、

 

ヒノ → イソラ → トア → ソウスケ → ユヅキ

 

→ トア真相 → ハナテ

 

ヒノとイソラは、どちらが先でも問題は無いけど、

 

物語の最初としては、一緒にやってくる幼馴染みのヒノの方が

 

まずは、この物語の世界感を知るのに良いと思います。

 

徐々に分かって来るけれど、ソウスケとユヅキで一挙に

 

謎解明が進むので、この順番が一番いいかな。

 

 

予想ほどのドップリ感が無かったので、物足りなさはあるけれど、

 

楽しめたので良かったです♪