読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

薄桜鬼 真改華ノ章 6.相馬主計

乙女ゲーム 薄桜鬼真改華ノ章 梶裕貴

f:id:narico555:20160621170927j:plain

cv梶裕貴

 

新選組近藤勇の小姓にして、最後の局長となる、相馬くん。。。

 

この人が攻略キャラとして新規参入した時は、ちょっとビックリ。

 

存在は知ってましたが、入隊したのは遅めだし、小姓だしね……。

 

なので、風の時には、本当に出番が最後の方だっただけに、

 

全然、物足りなかった。

 

おまけに三木三郎に変若水を飲まされて、望まないのに羅刹にされるし、

 

弱いしで、この後、どうなるの???と、危ぶんでたんです。

 

自分的には、矢張りこの手の物語では強い人が好きなので。

 

しかも、鬼の風間たちに狙われてる千鶴を守るって役目も

 

攻略キャラには課されているわけなので、弱い人って、どうなのよ?ってね。

 

その点に関しては、山崎さんにも同様の感想を持ったのですが。。。

 

でも、実際にやってみると、相馬くんは、同じように望まずに羅刹になった

 

永倉さんとは違い、強くなる為に一所懸命で、真面目で、好感持てました。

 

まぁ、自分では彼女を守りきれるか分からないから……、と

 

後ろ向きな発言や態度も最初のうちは見られたけれど、

 

そんな彼を優しく、でも厳しく、叱咤激励して支える千鶴ちゃんはエライ。

 

彼女、ほんとイイ子だわ。

 

ここら辺は、年齢が近い、若い二人らしい関係の構築が

 

胸にジーンと来る感じでしたね。

 

そして、相馬くんも、段々としっかりしてきて、強くなっていって……。

 

最後は男として立派に成長したね、、、って感じでした。

 

そして、彼は最後の局長なので、函館戦争の終結までいくだろうし、

 

土方さんの最後も見届けるんだろうな、と思っていた通りで、

 

土方さんの最後は涙出ちゃった。。。

 

多分、このルートでしか見れないのではないのでしょうか?

 

この後、伊庭さんが残ってはいますが。。。

 

薄桜鬼は、土方さん以外の他ルートでは、後日談的に、土方さんは

 

戦死したって伝え聞く形だったし、実際のところ元キャラ達は

 

斎藤さん以外は皆、亡くなってるだけに、相馬くんのルートにおいて、

 

本当の意味で新選組の戦いが終わったんだな、っていうのを

 

感じさせてくれたと思います。ケジメ、みたいな感じ?

 

ただ、グッドエンドと悲恋エンドが大差無かったのではないかと。

 

二人が結ばれるか否かだけで。

 

ここまでの悲恋エンドとは違う形だったのが、意外でした。

 

あとグッドエンドも、良かったけれど、あれで終わりも物足りないかも。

 

その後の新生活の様子を見たかったなぁ……。

 

 

そんな、細かい要求はあるものの、全体として、おおむね、良かったです。

 

五稜郭においての、他の皆さんや土方さんとの絡みも、

 

とても面白かったし。

 

感動もしたし、あちこちでウルウルしました。

 

まぁ、他のキャラさんとの別れ……でしたけどね……(^_^;)ww