narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

薄桜鬼 真改華ノ章 1.土方歳三

待ちに待った、華ノ章、でした。

 

前回の風ノ章から半年。

 

お預け状態から、やっとの後半。

 

まずは矢張り、大本命で最愛の、土方さんからです。

 

f:id:narico555:20160618080842j:plain

 

正直なところ、物足りませんでした…………。

 

長さ的にも予想外に短い印象。

 

五章+終章、ですが、大阪から品川宿に着いた所から始まりますが、

 

立て続けにやっていれば良いのでしょうが、ブランクがあると、

 

なんか、唐突な感じがする。

 

このゲームは、矢張り、風と華、立て続けにやった方が楽しめると思う。

 

いっぺんにやろうと思われてる方は、一人一人、立て続けにやった方が

 

すんなり楽しめる筈。全員やってから、華……じゃなくてね。

 

まぁ、カードの交換がイチイチ面倒だけど。

 

気持ちの流れがね。ついて来ないの。

 

せめて、風のラストシーン辺りを、回想的にいれてくれたら、

 

風での気持ちの流れが思い出せて、そのままスムーズに入れたと

 

思うんだけどねぇ。

 

他の人なら、ここまでじゃないかもしれない。

 

土方さんだからかも。

 

千鶴を守る為に羅刹になった土方さんだけど、土方さんは

 

最後まで自分の思いを外へは出さないだけに、ささやかなふれあいの

 

積み重ねによって、こちらの気持ちも高まって、最後にどっと……と

 

なるので、その大事な前半部分が無くて、後半入っても、

 

積み重ねて来た気持ちが、時間の経過で薄くなっちゃってるもんだからさ。

 

やはり、少し前に、もう一度やっておくべきだったか。

 

ただ、前半は、それなりに長いから。

 

そう思うと、前半より後半の方が短く感じたんだけど、

 

実際はどうなのかな。ルートによって差はあると思うけど。

 

 

それと、前半はあまり気にならなかったんだけど、後半は何故か

 

絵に違和感……。絵師さんもだけど、キャラデザの中島敦子さんも

 

入って無いからなんだろうね、この変化の違和感は。

 

シナリオにも、違和感。

 

文章が?と思う箇所が多々。それと、このルート、1つだけだけど

 

脱字を見つけてしまった……(^_^;)

 

語り部分が、千鶴視点、千鶴言葉のようなのに、他の第三者視点的な

 

言葉使いが入ってきたりで、描写言葉に統一性がない。

 

語尾も何故か、現在進行形的な語尾が多々。

 

そこは、「る」や「く」じゃなくて「た」だろ!って結構、思った。

 

セリフに関しては、気にならなかったけども。

 

あと、CGが物足りない感。

 

う~~~ん、、、なんだろ。

 

集大成、なんだよね?

 

その割に、薄い気がした。

 

多分、色々詰め込んだせいなのではないのかと……。

 

なので、全体的に散漫になってしまっていると言うか。

 

初期の、インパクトの強さ、ストーリーの太さ、存在感、

 

独特な世界感、、等々の良さが半減してしまった印象。

 

あと、華は、最初から其々の人物を選んでのルート。

 

前半からの続きだから、そうしたのかもしれないし、

 

それはそれで良いのだけど、だからなのかは分からないけど、

 

他の人との絡みが、少なすぎると思う。

 

だから、以前あった厚み感が、あまり感じられないのかも。

 

そう思うのは、矢張り、後半から後半のみをやってるからか?

 

そう思うと、やっぱり途中でぶち切ったのはマズかったんじゃ、と

 

思うばかり。

 

攻略人数が増えたのは良いけど、増やしすぎ。

 

だから、ボリュームが大きくなりすぎて1本に納まらなかったんだよねぇ。

 

倍の人数だもんね。倍の量になるのも自然だわ。

 

自分的には、新メンバーは無くて良かった。

 

それより、定番メンバーとの、更に美味しいシーンを充実させて

 

欲しかったかと。

 

前半に、ふれあう機会を増やして、気持ちが寄り添って行く様を

 

丁寧に描いてくれたら、後半はもっと盛り上がった気がします。

 

 

……と、まだ土方さんだけなので、全体としての感想は、

 

また、どう変わるかは分かりません。

 

新メンバーに関しても、やっぱり、あって良かった!!と、

 

やったら思うかもしれないし。

 

 

土方ルートに関しては、羅刹度によってエンドが変わります。

 

血を与えるか否かの選択次第で、ゲームオーバーになる事、複数。

 

あと、グッドエンドを終えたのちに、行軍録が解放されて、

 

行軍録から5章に入って、行けるエンドが2つ……(多分)。

 

自分的には、グッドエンドを見た後に、バッドとか嫌なんだよね~。

 

幸せのまま、終わりたいのにな~。

 

土方さんとは、グッドエンドも物足りなかった~。

 

糖度の低い人ではあるけれど、せめてリメイクしたわけなので、

 

もう少し、どーにかして欲しかった。CGが、あれじゃぁ、、

 

ちょい、不満です。

 

大本命だし、土方さんは薄桜鬼では主役でしょ。

 

彼の苦悩度も、いまひとつな印象だったし…………。

 

う~~ん、、やっぱり、惜しい!かも。。。

 

星で行けば、 ★★★☆☆ ってところかな。

 

ちょい、辛口かな。