narico555のブログ

乙女ゲームや声優さん、アニメなどの話題が中心です。

大正×対称アリス all in one 4.グレーテル

ビジュアル的には割と好みのグレーテル(cv江口拓也)さん。

 

緑の瞳が好きですが、15歳って、年下キャラ。。。

 

年下キャラは、日ごろから今ひとつのワタシ。

 

おまけに。

 

グレーテルって名前の通り、元ネタは「ヘンゼルとグレーテル」なのでしょうから、

 

姉弟設定で、おまけに、しょっぱなからヒロインは手足を縛られて

 

真っ白な部屋のおかしな部屋に閉じ込められた状態で、何が何だか

 

分からない状況で始まります。

 

グレーテルは、他のキャラルートでは、冷静ながらどこか捻くれてて、

 

底意地の悪さを醸し出していましたが、ここでも、それは健在な感じです。

 

 

最初のうちは、弟が何故姉を閉じ込めて、手足を縛っているのか、

 

分からないまま、二人の奇妙な生活の様子が進んでいくのだけれど、

 

なんか、こう、すっきりしな過ぎて、やっててストレスが。。

 

そして、話しが進むうち、今回はヒロインがあまりにグレーテルに対して

 

過保護過ぎる扱いをしている事や、弟に対して恋心を抱いている所とか、

 

知るうちに、なんかイライラしてきてしまいました。

 

エピソード1の時のヒロインは魅力的でしたが、エピソード2は、

 

かぐやの時と言い、なんかヒロインがちょっと、オカシイと言うか、

 

あまり共鳴できなくて、魅力半減な感じがします。

 

言葉の端々によく出てくる、英語やオーバーなリアクションも

 

段々と鼻について来た感じで、苛々を加速させるって言うか。。。

 

血が繋がらない姉弟とは言え、弟は知らないって前提でありながら、

 

好き好き言っては、ベタベタしてるってのは、異常でしょうし、

 

端から見たら異常なんだって事を自覚しながら、私たちは特別だからと、

 

変な理屈で正当化しているというか、このヒロイン、病んでる…………。

 

考えてみると、エピソード1から、そうなんだけど、ヒロインは

 

好きな男を救う事が第一の目的、なんだよねぇ……、このゲームは。

 

で、それがどんどんエスカレートしてきて、とうとう、グレーテルに至っては、

 

もう、病み過ぎだろう、、って感じになってしまったのかも。。。

 

病んでる男に同調して女も病んでしまってる……、みたいな。

 

恋愛を取るのか、姉弟の絆を取るのか。

 

大人な私からすると、不毛な印象。

 

でもね。

 

最後まで来て、燃えるおかしな家を見ている二人のシルエットシーンに、

 

童話「ヘンゼルとグレーテル」を深読みした話しでアリ、なのかもしれないな~

 

なんて思ったのでした。

 

元々、西洋の童話は、絵空事じゃないんですよね。教訓めいた真実が

 

隠されてる。だから、残酷な話しも多々あるし。

 

文化がまるで違う日本人の私が子どもの時に読んだ時には、

 

不気味でイミフな印象で、あまり好きじゃ無かったけれど、

 

ご当地では、割と実感が伴うお話しなんじゃないのかな、と思う。

 

そういう意味でも、このゲームは、乙女ゲームの括りから、少しズレてる

 

感じがしますね。なんかとっても深いと言うか。

 

ただ、結局、二人は恋人である事を選択してハッピーエンドとなるけれど、

 

わたし的には、血の繋がりはなくても、姉と弟だった二人が

 

恋愛ってのは、ちょっと苦手です。気持ち悪くって……。

 

フィクションなのにねぇ。。。BLは平気なのに(笑)